キヤノンがMLカメラを発表 - ISO4,500,000のフルフレームカメラ

キヤノンがMLカメラを発表 - ISO4,500,000のフルフレームカメラ

キヤノンは、主に産業用を目的とした、超高感度のML-100とML-105の2つのFHDフルフレームカメラを発表した。どちらのモデルも、EFまたはM58レンズマウント仕様となっている。 19ミクロンのピクセルにより、光感度を75dB(ISO 4,560,000に相当)まで上げることができる。モデルに応じて、RAWまたは処理されたビデオ信号を出力できる。

キヤノンは、5年前に非常に高感度のフルフレームFHDカメラME20F-SHを初めて発表している。このカメラは75dB(約ISO4,560,000)に達していた。 (詳細はこちら)。

ML-100とML-105

どちらのモデルも、19um(19ミクロン)の大きなピクセルを持つフルフレームCMOSセンサーが組み込まれている。センサーのサイズと解像度はME20F-SHで使用されているものと同じだが、同社は新しいセンサーと述べている。感度は最大75dBに達し、これは約ISO 4,560,000に相当する。キヤノンによると、このカメラは0.0005ルクス未満の最小被写体照明で、カラーでビデオを撮影できる。

Canon ML series cameras with EF Mount. Source: Canon

ML-100とML-105は、どちらも2つのバージョンがあり、レンズマウントを選択できる(EFまたはM58マウント)。コンパクトな立方体形状のボディとモジュラー設計で、産業用途に適応できるようにしている。どちらのモデルも内部で記録することはできない。

Canon ML series cameras with M58 Mount. Source: Canon

ML-100はCoaXpressターミナルを備え、1本の同軸ケーブルでビデオ、カメラ制御データ、および電源を伝送できる。 1本のケーブルで接続できるため、産業用システムでの使用に適している。 CoaXpress端末は、クロップモードで最大73 fps(フルセンサー読み出し)または720pの解像度で最大164fpsの12ビットRAWデータを出力する。 ML-100は、最大約274万ピクセルのビデオ出力も可能。

ML-105は、標準の3G / HD-SDIビデオ端末を備えており、DIGIC DV4イメージプロセッサが組み込まれている。このプロセッサにより、カメラから処理されたYCC/ 4:2:2/10ビット映像をフルHD60fpsで出力できる。キヤノンによると、ML-105は、連邦通信委員会(FCC)にまだ承認されていない。

Canon ML-100 (right) and ML-105 (left) cameras connectors. Source: Canon

新しいセンサーが古いフルフレームの19ミクロンセンサーよりもノイズ処理ができているかを知りたいところだ。産業用途以外では、たとえば野生生物の映画撮影などで、極端な低照度性能が必要な場合、役に立つだろう。

価格と発売時期

キヤノンによると、ML-100のM58マウントバージョンは2020年12月末に発売される予定で、他の3つのモデルは2021年4月に発売される予定。

価格についてはまだ発表されていない。参考までに、5年前のME20F-SHの価格は19,999ドル。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する