広告

Canon V35 Project – ヴィンテージ感あふれるCN-Eレンズ

Canon V35 Project - ヴィンテージ感あふれるCN-Eレンズ

Canon V35 Projectは、最新のキヤノンCN-Eレンズを、よりヴィンテージ感のあるシネマティックなルックにリチューンするものだ。キヤノンの伝説的なK35レンズからインスピレーションを受け、Northwest Camera CoとDuclos Lensesが共同で、他とは違うレンズを求める人のための新しい選択肢を作り上げた。

最新のシネマレンズには、多くの利点がある。主に、よりクリーンでクリアーで、コンピュータによる生産技術により、個々のばらつきが非常に少ない。昔のレンズは、同じ工場で生産された2つの同じレンズが同じ結果をもたらすことを常に信用することはできなかった。

現代のレンズ設計は、こうした過去の問題を多く解決しているが、レンズの個性は失われている。また、デジタルイメージセンサーは、フィルムのような有機的なイメージを取り除き、より臨床的なイメージに変えてしまっている。

そこで、Canon V35 Projectのようなレンズ改造が有用になる。

Canon V35 Projectの仕組み

Northwest Cameraは、既存のCanon CN-Eレンズ一式を受け取り、ビンテージルックを模倣するために改造を行う。CN-Eレンズ1本、またはレンズ一式をNWCに送ると、5~7週間後に新しい改造レンズが送られてくる。

NWCの工程は、レンズの完全な分解、再構築、再収容を含み、スタイリッシュで新しい外観のボディを与え、より簡単に修理できるようにする。しかし、この改造の本当の利点は、前玉と後玉の間で行われる。

Shot by DP Haley Watson on Alexa Mini using Canon V35 Lenses

その結果、コントラストが低く、ハイライトの微妙なブルーミング、フレア、ハレーションが発生し、ヴィンテージシネマのような外観と感触のレンズが出来上がる。これらはビンテージ光学系ではないが、Northwest CameraはCanon V35プロジェクトが古い特徴を十分に生かしつつ、デジタルフォーマット用に新しく新鮮なひねりを加えているとしている。

撮影例

次のVOGUE DOCは、RED GeminiとCanon V35レンズを使って撮影されている。Jordan McGrathが撮影を担当した。

VOGUE DOC shot using RED Gemini & Canon V35 Lenses | DP Jordan McGrath

価格

Canon V35 projectは、間違いなく懐の深い人向けだ。改造だけでレンズ1本あたり2,300ドル(プラス税金と送料)かかる。NWCはV35の改造でEFレンズをPLレンズに変換することも可能で、その場合は1本につき$3,950となる。

計算すると、CN-Eセット全体(14、20、24、35、50、85、135mm)が16,100ドル(プラス税金と送料)または27,300ドル(PL変換付き)のどちらかの費用がかかるということになる。そして、これにはレンズセットの初期購入費用〜29,000ドルは含まれていない。

つまり、フルセットで購入すると、なんと~45,000ドルにもなる。従って、この改造は明らかに万人向けではない。

しかし、Northwest Cameraは、「希少性とレンタル価格をあるべき位置に保つ」ために、各セットを最大200セットに制限すると述べている。 このため、ビンテージレンズを扱うカメラプロやレンタルハウスにとっては、価値ある投資となるかもしれない。

Canon V35 ロードマップ

NWCは、DP、レンタルハウス、オーナー/オペに積極的に働きかけ、次に取り組むべきセットについて情報を収集している。同社は、Tokina Vistas、Zeiss CP3、Sigma Cine Primes、CanonとFuji Zoomsへの改造を拡大する可能性を視野に入れている。

Canon V35プロジェクトについての詳細は、Northwest CameraのCanon V35サイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手