CartoniがRED LOCK三脚を発表

CartoniがRED LOCK三脚を発表

イタリアの三脚メーカーCartoniは、IBC 2019に先立ち、2つの三脚と2つの三脚ヘッドを発表しました。興味深い軽量三脚のセット、RED LOCKもある。この三脚は、わずか3 kgの重さだが、最大60 kgのカメラシステムをマウントでき、携帯性に優れている。

CartoniRedLock_Featured

RED LOCK三脚

Cartoniの三脚シリーズに新しく追加されたのは、RED LOCKと呼ばれる軽量のセット。この三脚は2段式で、重量はわずか3 kg。しかし、最大60 kgの重量級カメラシステムにも対応する。インディーズ映画カメラマンやワンマン撮影に最適だ。

CartoniRedLock_01

完全に折りたたんだときの長さは77 cm。 2つの赤いレバーを引くと、最大高は153 cmまで延長できる。低くする必要がある場合は、スマートスプレッダーで足をすばやく広げて、50 cmまで低くすることができる。三脚の脚にはスパイクが付けられており、しっかり地面に固定される。また、新しく設計されたゴム製の脚も付属している。

価格は、「驚くほど手ごろな価格」であり、注目度の高い三脚だ。今年の終わりまでに出荷される予定。

CartoniRedLock_02

MAXIMA 5.0

新製品の中には、有名なMAXIMA三脚ヘッドの5.0バージョンもある。これらのMAXIMA Flat Mitchell / 150mmボウルベース三脚ヘッドは、主に長編映画やハイエンドプロジェクトで使用されている。 MAXIMA 5.0は、Cartoniの特許取得済みカウンターバランスを備えており、0 kgから50 kgまでの耐荷重となっている。

CartoniRedLock_03

たとえば、O’Connorの三脚ヘッドと比較してMAXIMAの三脚ヘッドの優れた点は、すべてのコントロールがオペレーター側にあることだ。かつロック/ノブは静かに動作する。三脚ヘッドの上部にある長く大きなスライド式カメラプレートは、ARRI、ソニー、およびO’Connorのものと互換性がある。ヘッドには伸縮式パンバーと短いフロントパンバーが付属する。

価格はまだ発表されていないが、これらのMAXIMA三脚ヘッドは、1万ドルクラスのもので、通常はレンタルハウスを対象としている。 MAXIMA 5.0は年末には発売予定。

CartoniRedLock_04

Master 25 S200

さらに手頃な価格の三脚ヘッドMaster 25も発表された。この軽量三脚ヘッドは、最大30 kgのカメラシステムをサポートする。ブラックとゴールドのデザインと灰色の陽極酸化アルミニウム仕上げ。

最後に、スポーツやイベント撮影向けのSport 200三脚がある。これはアルミニウム製で、脚は角張っていて、標準的なパイプ製と比較してより頑丈に作られている。 S200の重量は10.5 kgで、最大200 kgの耐荷重のため、ほぼすべてのカメラに対応する。古典的なミッチェルフラットベース三脚ヘッドをマウントできる

これらの製品の価格はまだ発表されていないが、年内に出荷される予定。 IBC 2019で、更に詳しいレポートをリリースする予定。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する