広告

CHIOPT XTREME ZOOM 28-85mmレンズレビュー

CHIOPTは、様々なマウントに対応した非常に手頃な価格のズームレンズを市場に投入している。そこでXTREME ZOOM 28-85mm T3.2が発売されているので、この新しいレンズ(Eマウント)を使って、光学系や使い勝手がどうなのか、試してみた。やはり、現場で直接使ってみるのが一番実感がつかめる。

ここオーストリアの春は予想外の天候の変化で知られている。その通り、上の作品の撮影に出かける前日、「春らしい」晴天が一変し、私が現地に到着した時には、白い雪化粧をしたトゥルニッツ(ウィーンから1時間ほど離れた、小さな村)がある。その村に住むClemens Schweiger氏はクモをペットにしている。彼の家の敷地内にある小さな小屋に128匹のクモを飼っている。

Spider
Taken with CHIOPT XTREME. Image credit CineD

CHIOPT XTREME – ビルドクオリティ

XTREMEレンズは、美しい金属製のハウジングでとても頑丈に見えた。また、その上に「印刷」された文字(情報)の量も非常に鮮明だ。また、フォーカス距離マークから絞り値、焦点距離表示、さらに、フルサイズ、T3.2、前径114mm、イメージサークル46mmとなっている。また、撮影現場でアシスタントとしてカメラやレンズ周りのアクセサリーのリギングを担当している場合、必要なレンズ情報の多くは非常にアクセスしやすい。マークについて言えば、私は無限遠フォーカスを超える許容範囲については理解しているが(一部の広角アタッチメントでは、シャープなフォーカスを得るために無限遠を超える必要がある)、最小フォーカス端にもかなり大きな許容範囲がある理由はよくわからなかった(宣言した0.75cmを超えている)。

唯一の指摘は、このような重いレンズの追加サポートを取り付けるための穴の内側にあるネジについて。見たところ、ネジと穴をつなぐ接着剤が乾いてしまい、ネジが固定されなくなっているようだった。些細なことだが、このような重いレンズの場合、カメラマウントに負担がかかるので、サポートを追加することをお勧めする。このレンズは実に重い。重さについては後ほど詳しく述べるが、全体として、ズーム/フォーカス/絞りリングの操作は非常にスムーズだ。

このフルサイズ用レンズは、PL/EF/Eという異なるレンズマウントで購入することができ、私が入手したサンプルには、ソニーEが装着されていた。Kinefinity MAVO Edge 6K (カメラのレビューはこちら)に取り付けて撮影した。

CHIOPT XTREME ZOOM  and Kinefinity
CHIOPT XTREME ZOOM 28-85mm Lens. Solid built quality. Image credit: CineD

現場での撮影

レンズの技術的な情報はすべてCHIOPTのサイトで見ることができる。ここでは使い勝手や光学性能、そしてこのレンズが実際に誰のためにあるのかについてレポートしたい。

まず、ユーザビリティについて、私たちの多くはさまざまな方法で仕事をしているので、これは少し難しいことかもしれない。その点、私は普段一人で撮影しているので、このレンズは、288°のフォーカスリングといった「シネレンズ特性」と重量(2.7kg(PL)、2.8kg(E))は、私のドキュメンタリー撮影スタイルにはフィットしないかもしれない。つまり、このレンズを最大限に活用したいのであれば、このレンズの操作をサポートするスタッフを持つことが望ましい。

CHIOPT XTREME on a Sony Mirrorless camera
CHIOPT XTREME on a Sony Mirrorless camera

しかし、このレンズは、特にその非常に手頃な価格帯を考慮すると、多くの人に使われる要素がある。以下は、このレンズの利点の一部(順不同)。

光学品質

スペックはさておき、最終的な画像が重要だ。

わずかなフォーカスブリージング、よくコントロールされた色収差、そしてほとんどの場合においてシャープな画像は、このレンズに有利に働く。全体的な「ルック&フィール」はモダン(「SIRUIライク」)で、万人向けではないかもしれないが、ソフトミストフィルターでシャープな印象をなくすことができる(上記のビデオは6K解像度のKinefinity MAVO Edgeカメラで撮影し、ほとんどフィルターなし、カメラ内蔵のNDを使用している)。その結果、ボケ味は非常に心地よく、「ピント落ち」も穏やかで気にならない。

Pleasant Bokeh
Pleasant Bokeh and no “onion rings”. Image credit: CineD
 bokeh characteristic
From the timeline. I truly like the characteristics of the bokeh. Image credit: CineD

パーフォーカルフォーカスやズーム全域で一定の絞り値もこのレンズの仕様であることは言うまでもないが、どちらもしっかり実行されている。

CHIOPT XTREME flaring easily
CHIOPT XTREME flaring easily. Image credit: CineD

次のような欠点も知っておく必要がある。

  • このレンズは非常にフレアしやすい。おそらく、わずかに丸みを帯びたフォントガラスやレンズコーティングがこの現象を引き起こしているのだろう。最良の結果を得るためには、マットボックスを使用することをお勧めする。
XTREME ZOOM 28-85mm front curved glass element
CHIOPT XTREME ZOOM 28-85mm front curved glass element. Image credit: CineD
  • シャープネス。多くの場合、レンズは絞りを調整ことで異なるシャープネス特性を発揮する(低価格帯のレンズの場合、開放ではエッジがソフトになるのが普通だ)。CHIOPTのズームレンズでは、焦点距離によってシャープネスが一定でないことに注意する必要がある。
CHIOPT zoom on 28mm T3.2
CHIOPT zoom on 28mm T3.2
CHIOPT zoom on 40mm T3.2
CHIOPT zoom on 40mm T3.2
CHIOPT zoom on 85mm T3.2
CHIOPT zoom on 85mm T3.2

上記のタイムラインから撮影した静止画を見るとわかるように、40mmで撮影したときよりも、28mmの次に85mmが少しシャープになっていることがわかる。また、上の写真からわかるように、このレンズでは焦点距離の違いによって直線がいかに写し出されているかということがわかる。

  • 焦点距離。レンズの設計は非常に複雑で、ズームレンジ/最大口径と重量のバランスは非常に繊細なものだ。その点、CHIOPTは少し妥協したような気がする。確かに、フルサイズ対応のレンズなので、85mmの狭い画角は我慢できるが、私の好みからすると、28mmは十分な広さとは言えない。また、このレンズの開放F値はT3.2であり、このようなレンズとしてはまあまあだ。

対象ユーザー

このレンズで最も重要なポイントは、「実際に誰のためのレンズなのか」を結論付けることができることかもしれない。シングルユーザーはその重さと大きさに耐えられないかもしれないし、レンタルショップは(おそらく)仕入れるのをためらうだろう。なぜなら、他の選択肢がたくさんある中で、なぜ見慣れないブランドのレンズを使うのかとDP仲間は疑問に思うだろうからだ。未知のものよりも馴染みのあるものを使うことが一般的だ。

価格は違いを生み出せるか?

上記すべてにおいて、価格を考慮する必要がある。2,899ドルで販売されているこのレンズは非常に手頃な価格だが、これで潜在的な顧客を惹きつけることができるだろうか?率直に言って、私はそうは思わない。これは、その製造品質や全体的な光学性能のせいではなく、単に現在入手可能な他の製品の方がより適切かもしれないからだ。

ある意味、このレンズは「ノー・マンズ・ランド」だ。つまり、価格は安いが、独立系フィルムメーカーにとっては大きすぎ、重すぎ、レンタルやプロダクションなど他の人々にとっては不明すぎる。

個人的には、このレンズのナローエンドを犠牲にしてでも、より広い焦点距離を持つ、より軽いバージョンが市場に導入されることを期待している。

CHIOPT XTREME ZOOM 28-85mm Lens
CHIOPT XTREME ZOOM 28-85mm Lens. Image credit: CineD

まとめ

私のようなシングルオペレーターにとっては、画質を犠牲にすることなく、サイズと重量に関して言えば、他のズームレンズの提供の方がより適しているかもしれない。レンタル/プロダクションハウスに関しては、新しく発表されたキヤノンCNフルフレームズームレンズの方が魅力的だろう。これらはもちろん高価だが(フジノンプレミスタやキヤノンの35mmズームレンズよりは安い)、親しみやすいため、選択されやすい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects