Cineo MavX ➖リモート蛍光体技術採用の照明器具

2017.2.8
Cineo MavX ➖リモート蛍光体技術採用の照明器具

Cineoは従来のLEDライトに追加する形で、新製品 Cineo MavXを発表した。これは次世代のLED技術、RPTRemote Phosphor Technology:リモート蛍光体技術)の低消費電力の優位性を採用した照明器具で、色温度も可変できる。

Cineoはリモート蛍光体技術では最大手のメーカーの一つだ。照明用の発光ダイオードのみに依存する従来のLED照明ではなく、リモート蛍光体技術では青色LEDアレイのように高い波長の光に反応する蛍光体層を利用する。

Cineo MavX

Cineoは、低消費電力で色精度の高いHSシリーズの照明器具で有名だが、後に小型のMaverickシリーズが登場した。

このシリーズもHSシリーズ同様、フロントパネルを交換する事により、色温度を変更することができる。しかし今回発表されたMavXでは2700Kから6500Kまで連続可変できるようになった。なお、可変範囲内で3200K、4300K、5600Kはプリセットされているので、正確な色温度が得られる。実に理想的な色温度可変の照明器具だ。

MavXはACアダプターによりDC電源で動作する。もちろんVマウントバッテリーなどのバッテリー動作も可能。輝度と色温度はDMX経由でコントロールできる。光源は完全にフリッカーフリーで、照射角は150°だ。

またSmartPowerと呼ばれる機能が搭載されているが、これはバッテリーの電圧にかかわらず一定の光量を保つ機能。バッテリーの電圧低下や機能低下を心配すること無く、安定した照明を得ることができるのだ。

Cineoは以下のようにMavXのCRI(Color Rendering Index:演色評価数)を3200Kと5600Kで公表している。

主な仕様

  • 優れた耐候性
  • CineoColor™ のカスタムLEDを使用。正確で安定した照明を実現
  • 2700K to 6500Kで色温度調整可能
  • 3200K、4300K、5600Kのプリセット
  • 150° の照射角
  • 完全なフリッカーフリー機能
  • ファン不使用で静音
  • 光量調整用つまみにはカメラのStop調整用のプリセットを用意
  • 5ピンDMXコントロール
  • LumenRadio™ワイヤレスDMXコントロール内蔵
  • 80/20 T-Slotマウンティングスロット
  • 着脱が容易なステー
  • ACアダプター、Vマウントバッテリーアダプター、ゴールドマウントバッテリーアダプター、バーンドア、グリッド、ルーバー、ソフトボックスが付属
  • 入力:5-28V DC電源、75、120、135W
  • 最高8000ルーメン
  • SmartPower™技術搭載
  • 外形寸法:241mm x 216mm x 83mm
  • 重量:3 kg
  • 4ピンXLR電源入力
  • L70定格で50000時間
  • ETL、cETL、CE、RoHS準拠

Cineoはまた以下のライト出力に関する情報も公表している。

この数値で、他のメーカーの照明器具と比較することができる。例えば、ライトパネルズ(Lightpanels)のAstraはDC電源、高出力、バイカラーのソフトLEDライトだが、これと比較すると、MavXの出力は多少劣る。しかし、これは色精度を上げるためのトレードオフということだろう。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する