コンバージェントデザインがTitan発表-1台の4Kカメラで3カメをスイッチング収録

コンバージェントデザインがTitan発表-1台の4Kカメラで3カメをスイッチング収録

コンバージェントデザインは米国コロラド州にあるメーカーで、主にフィールドモニターレコーダーやアクセサリーを発売しているが、従来の Odyssey7Q+Odyssey7Q Apollo に対応するファームウエアオプション、Titanを発表した。Titanをインストールすることにより、1台の4Kカメラから3本のHD映像を作り、本体でスイッチングし、HD出力できるようになる。


convergent design titan

 

コンバージェントデザイン Titanとは?

同社のApolloはご存じだろうか?4本のHD信号を入力して、同時に記録することができる、モニター型のデバイスだ。しかし、もちろん4本の入力信号が必要だ。TitanはApolloにインストールするファームウエアのオプション。今回発売されたTitanは、Apolloにインストールして、1本の4K信号から4本のHD信号を出力することができるオプションなのだ。

  • フレーム全体のHD信号
  • 画面から切り出したフレームのHD信号
  • もう一つの切り出したHD信号
  • 上記3つのHD信号をライブスイッチングしたHD出力(EDL付き)

必要なものは、SDIやHDMIから4K出力できる4Kカメラと、コンバージェントデザインのモニターレコーダーのみ。全ての信号は内蔵のSSDに記録される。タイムコードとEDLも保存されるので、編集もいたって簡単である。

Titanは、ソニーのFS5やFS700の4K RAWデータも入力可能。ライブスイッチングでは、ハードカットとディゾルブを選択できる。

odyssey firmware update

supported models for the Convergent Design Titan option

Odyssey7Q+、Odyssey7Q (3G SDI) および Apolloを既に持っていれば、新たにハードウエアを購入する必要は無い。RAW入力に関しても、同社のRAW Bundleのようなオプションを購入する必要は無い。

アプリケーション

インタビューで、全体のショットと、聞き手と、語り手のクローズアップ映像が欲しい場合には非常に便利。最小の装備で、収録後すぐにクライアントに納品することも可能だ。

インタビューで、全体のショットと、聞き手と、語り手のクローズアップ映像が欲しい場合には非常に便利。最小の装備で、収録後すぐにクライアントに納品することも可能だ。

価格と発売時期

価格は$1295だが、早期特別価格は期間限定で$995。発売は10月とされている。日本での発売時期、価格は未定。

コンバージェントデザインのサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する