Crew in a Box - 6Kリモートプロダクション

Crew in a Box - 6Kリモートプロダクション

Crew in a Boxは、2020年6月にロサンゼルスで開始されたサービスで、 BMPCC 6Kカメラ、ライト、2台のディスプレイ、2本のマイクを備えたオールインワンのリモートプロダクションソリューションを提供する。これらはすべて頑丈なケースに収納されている。ボックス内の機器は、訓練を受けた撮影監督によってリモート制御されるため、タレントはボックスを開き、ライトを設置し、マイクを所定の位置に配置するだけで良い。他の参加者も、リモート会議を介して参加することができる。

ソーシャルディスタンスが求められた2020年は、映像業界にも多くの新しい課題をもたらした。これを受け、ライブストリーミングやリモートプロダクションを採用した制作が増えている。 CineDも、展示会に物理的に参加する代わりに、数十回の仮想インタビューを実施した。

ロサンゼルスのIra Rosensweig、Dallas Sterling、Jeremy Fernslerの各氏もチャンスを見出し、Crew in aBoxという新しいビジネスを考え出した。

Crew in a Boxとは?

Crew in a Boxは、プロ品質のプラグアンドプレイのリモートプロダクションソリューションと表現している。これは基本的に、カメラ、ライト、マイク、およびプロンプター/インターロトロンを備えた頑丈なボックスだ。使用したカメラはBlackmagic Pocket Cinema Camera6K。 3つの部分からなる2色のLEDパネルライトは、展開すると3フィート(約90cm)の幅になる。各LEDパネルの調光も可能だ。ハイパーカーディオイドコンデンサーとラベリアマイクも同梱されている。

ユーザーは、箱を開けてプラグを差し込むだけで、撮影をコントロールする映像制作のリモートチームに接続できる。代理店やクライアントもビデオ会議に参加して、カメラから直接画像フィードを確認することができる。

各種ディスプレイとモニター

Teleprompter. Source: Crew in a Box

カメラの前のガラスは、タレントが読むためのテキストが表示されるプロンプターや、インターロトロンとして機能する。ディレクターやクライアントのノートパソコンに、ビデオ会議から直接ビデオフィードを表示することもできる。これによりタレントはカメラをまっすぐに見て会話できる。

画面には、すべての参加者のライブビデオを表示することもできる。さらにこれを使用して、スタイリストやメーク担当はタレントのカメラ映りを確認することができる。

カメラの隣に座っている仮想インタビュアーとして、Crew in a Boxには、ボックスの両側に配置できるセカンダリモニターも含まれている。モニターには、ローリングテキストやインタビュアーを表示することができる。

Second Monitor. Source: Crew in a Box

使用法

ボックスはタレントの家に入る前に消毒される。タレントは、ボックスを配置するのに最適な場所を見つけるため、プリプロダクションビデオブリーフィングも受ける。

All Comes in a Rugged Box. Source: Crew in a Box

ボックスの蓋を開けてプラグを差し込むと、Crew in a Boxは、付属のボンディングセルラーテクノロジーを使用してインターネット経由で自動的に接続する。

接続されると、Crew in a Boxチームの訓練を受けた撮影監督はタレントに指示して、ボックスの位置が最適なフレーミングになるようにする。カメラ、オーディオ、ライトの制御は、撮影監督によってリモートで行われる。

記録されたファイルはボックスに保存される。映像はドライブを発送するか、リモートデータ転送を使用して、撮影直後にクライアントに送信できる。もちろん、画像を直接ライブストリーミングすることもできる。

価格とサービス開始時期

3-Foot Wide Bi-Color LED Panel. Source: Crew in a Box

Crew in a Boxは現在利用可能で、プロダクションサポート付きのレンタルとして利用できる。価格は発表されていない。詳細は、Ira Rosensweig氏に直接連絡するのが最善の方法だ。同社はカリフォルニア州ハリウッドにある。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する