CVPがRED KOMODOのセットアップをビデオで解説

CVPがRED KOMODOのセットアップをビデオで解説

CVPはRED KOMODOのセットアップについて3部構成のビデオを公開した。約45分で、このカメラで現在利用できるほぼすべてのアクセサリーを知ることができる。それだけではなく、撮影のノウハウも学ぶことができる。

カメラのリギングはそれ自体が芸術であり、適切なアクセサリーを選ぶのは必ずしも容易ではない。私自身もRED KOMODOを所有しているが、このプロセスがいかに大変で時間のかかるものであるかを知っている。特に、機材を最初に試すためのレンタルや地元のショップが近くにない場合はなおさらだ。

他の多くのカメラメーカーと同様に、REDもコロナ禍の影響を受け、このカメラの生産に遅れが生じている。しかし、同社は現在、できる限り早く出荷しようとしている。

そんな中、CVPは「How to UPGRADE the RED KOMODO」ビデオシリーズをリリースした。

The RED Komodo 6K. Source: RED

パート1:ケージ、サイドハンドル、ブレイクアウト

シリーズの最初は、ケージ、サイドハンドル、ブレイクアウトボックスに焦点を当てている。

ケージは、RED KOMODOセットアップの中核となるコンポーネントだ。ケージはRED KOMODOのセットアップの核となる部品で、機材全体がケージを中心に構成されているため、正しいものを選ぶことが重要となる。このビデオでは、ほぼすべてのメーカーのケージを取り上げ、それぞれのソリューションの長所と短所を紹介している。

さらに、RED KOMODOのアウトリガーハンドルやウィンググリップ、カメラにゲンロック、タイムコード、CTRLの接続を追加するためのブレイクアウトボックスについても検証している。

パート2:レンズ、アダプター、フォーカルレデューサー

RED KOMODOのCanon RF-Mountは、非常に汎用性の高いソリューションだ。フランジ距離が短いため、ほとんどのレンズに対応できる無限の可能性を秘めている。

このビデオでは、ネイティブのRFマウントレンズとアダプターに加えて、フジノンMKシリーズのシネズームレンズのようなコンバージョンソリューションも紹介している。もともとEマウントカメラ用に設計されたこれらのレンズは、DuclosによってRFマウントに変換することができる。

さらに、RED KOMODOのユーザーは、CVPのウェブサイトにあるレンズカバレッジツールをご覧いただきたい。このツールでは、RED KOMODO用のレンズをプレビューすることができる。

パート3:バッテリー、メディア、モニター、オーディオ

シリーズの最後は、電源、メディア、モニタリング、オーディオ録音に関するさまざまなブランドやソリューション。

REDが高価なMini Magシステムを徐々に手放しつつある中、より手頃な価格のサードパーティ製メディアが利用できるようになってきている。その中でも、Solidpod Plusは興味深い可能性を秘めている。REDの承認を受けていないが、このソリューションは非常に手頃な価格で巨大なストレージスペースを提供することができる。

さらに、カードにテープを貼ると、CFast 2.0スロットから抜けなくなる可能性があることもわかる。テープが熱で溶けてしまうのだ。

最後に、この最終回のもう一つの素晴らしい部分は、RED KOMODOの唯一のSDIポートを保護するためのベスト・プラクティスについて、短いながらも貴重な説明がされている。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience