DaVinci Resolve 16.1 Public Beta 2がリリース

DaVinci Resolve 16.1 Public Beta 2がリリース

ブラックマジックデザインは、 DaVinci Resolve 16.1 public beta 2のリリースを発表した。このアップデートは、DaVinci Neural Engineを使用して顔の自動検出、ズームイン、リフレームが可能で、クローズアップ編集機能を改善する。また、3Dカメラやカメラトラッカーツールの BMPCCプリセットのサポート、セーバーノードのレンダリングステータスインジケーターの改善、色域オプションとしてのACEScgのサポートなどが追加されている。さらに、Fusion Studio 16.1 Public Beta 2は、異なる解像度の画像をOpenFXおよびResolveFXプラグインにより安定させ、カラーダッジ(覆い焼き)およびバーン(焼き込み)ツール、ホワイトバランスツールなどを改善している。

DaVinci Resolve 16.1. Source: Blackmagic

ブラックマジックデザインはBlackmagic Pocket Cinema Camera 6K( BMPCC 6K)に続き、ポストプロダクションソフトウェア DaVinci Resolveのアップデートも発表した。( BMPCC 6Kのレビュー記事はこちら /BMPCC4KとBMPCC6Kの比較記事はこちら

発表されたのは DaVinci Resolve 16.0の最終リリースとResolve 16.1 public beta。 16.1 public betaには、カットページのメジャーアップデートが含まれており、「世界最速のエディター」と謳われている。

スマートインジケータ、カットクリップアイコン、ボーリングデテクター(退屈な部分の検出)、同期ビンなどの新機能が追加された。 Resolve 16.1 public betaの新機能の詳細については、こちらの記事を参照いただきたい。

さらに同社はユーザーからのフィードバックを受けて、DaVinciResolve 16.1 public beta 2を発表した。

DaVinci Resolve 16.1 Public Beta 2

Public Beta 2は、Resolve 16.1 Betaから寄せられたユーザーフィードバックを反映している。多数のバグが修正されている他、多くの新機能も追加された。このアップデートは既存のすべてのユーザーに無料で提供され、同社のサポートセンターのWebページから無料でダウンロードできる。

Resolve 15以前のバージョンから16.1Beta 2にアップグレードする場合、データベース(DiskDBとPostgreSQLを使用する場合)をバックアップし、アクティブなプロジェクトのdrpをエクスポートしてから、アップグレードする前にv15 DBを復元することをお勧めする。v16 DBを使用してv15に戻ることはできないため、バージョンアップの準備としてv16にアップグレードする。

データベース形式はv16から変更されていないが、 DaVinci Resolve Studio 16.1では DaVinci Resolve MicroおよびMini Panelのファームウェアアップデートが必要だ。

DaVinci Resolve 16.1 – Edit page. Source: Blackmagic

DaVinci Resolve 16.1Beta 2の新機能は次のとおり。

主な改善項目

  • 顔認識を使用してクローズアップ編集をすばやく作成し、顔を自動的に再フレーム化およびズームイン
  • Fusion Camera3DおよびCameraTrackerツールでのBlackmagic Pocket Cinema Cameraプリセットのサポート
  • プロジェクトの復元またはインポート時に元の作成日メタデータを保持
  • ミニトラックビューの編集ページにトラック名を表示するツールチップのサポート
  • テイクセレクターで新しく追加されたテイクを自動的に選択
  • タイムラインメニューの2.0:1出力ブランキングプリセット
  • タイムラインレンダリングのユーザー選択可能なオーディオサンプルレート
  • 富士フイルムF-Logカラースペースのサポート
  • フラグとマーカーの色の追加
  • カットページでクローズアップ編集を実行するときの複数の面を持つクリップの処理の改善
  • Wacomタブレットを使用してパラメーター値を編集するときの動作の改善
  • メディア、編集、カットページでの再生パフォーマンスの向上
  • プロジェクトの削除をサポートするスクリプトAPIの改善
  • カットページの範囲エディターで長いクリップのインポイントとアウトポイントをスクラブするときの応答性の向上

カットページの改善

  • 顔認識を使用してクローズアップ編集をすばやく作成し、自動的に顔を再フレーム化してズームイン
  • クローズアップを実行するときの複数の顔を持つクリップの処理の改善
  • 範囲エディターで長いクリップのインポイントとアウトポイントをスクラブするときの応答性の向上
  • カットページでスピードツールをリセットすると正しく機能しない問題を解決
  • 上部に配置を使用してソーステープからインポイントとアウトポイントを含むクリップを追加すると、オーディオが誤ってスキップされることがある問題を解決
  • 1つまたは複数のクリップがオフラインのときにソーステープモードで波形表示に不適切な効果が表示される問題を解決
  • 静止画像でクローズアップを実行すると正しく機能しない問題を解決
  • タイムコードエントリを使用して再生ヘッドの位置を変更した後にマーカーを追加すると、マーカーが間違った場所に適用される問題を解決
  • 同期ビンモードで再生を停止すると、ビューアが正しく更新されない場合がある問題を解決
  • カットページのテキスト+タイトルにインスペクターコントロールが正しく表示されない問題を解決
  • タイムラインが存在しない場合、再生停止時に同期ビンの再生ヘッドが誤って配置される問題を解決
  • 同期ビンで角度を選択し、トリムインまたはトリムアウトを適用するとタイムラインに適用される問題を解決
  • 一部のクリップがオフラインの場合、ソーステープにオーディオ波形が正しく表示されない問題を解決

DaVinci Resolve 16.1 – Cut page. Source: Blackmagic

エディットページの改善

  • ミニトラックビューでトラック名を表示するツールチップのサポート
  • テイクセレクターで新しく追加されたテイクを自動的に選択
  • シングルビューアーとフルハイトのメタデータとエフェクトライブラリのサポートにより、エディットページのデュアルスクリーンの動作が改善
  • メディアプールの選択からタイムラインを作成すると、誤ったオーディオトラック形式が初期化されることがある問題を解決
  • 再生ヘッドへのロールエンドアクションが正しく機能しない問題を解決
  • 編集タイムラインにクリップを挿入すると、ライブ保存が有効になっているときに再生ヘッドが誤った位置に配置される問題を解決
  • 新しいマルチカムダイアログが最後に使用した設定を記憶しない問題を解決
  • オーディオレベルの正規化ダイアログで最後に使用した設定が記憶されない問題を解決
  • リンクされたクリップを調整クリップで選択するとクラッシュすることがある問題を解決
  • トラック間でオーディオクリップを移動しても、波形の色が更新されないことがある問題を解決
  • 一部のズーム設定でマーカー注釈が正しく描画されない問題を解決
  • 元に戻すリストに一部の編集アクションの正確なテキストが表示されない問題を解決
  • ゲインキーフレームを変更すると、オーディオ波形がスムーズに更新されない問題を解決
  • タイムラインでオーディオのみの複合クリップを開くとクラッシュする問題を解決
  • 編集タイムラインで動的トリムを実行するとオーディオが再生されない問題を解決
  • フリーズフレームのあるリタイミングクリップにFusionエフェクトを適用すると、誤ったフリーズフレームが表示されることがある問題を解決
  • 同期クリップのアングル名が編集ページに正しく表示されない問題を解決

Fusionページの改善

  • Camera3DおよびCameraTrackerツールでのBlackmagic Pocket Cinema Cameraプリセットのサポート
  • アプリケーションメニューからアクションを元に戻すと正しく機能しない問題を解決
  • 一部のOpenFXまたはResolveFXプラグインに異なる解像度の画像を追加するとクラッシュする問題を解決
  • 入力画像に無効な値が含まれている場合、Fusionのカラーダッジ(色の覆い焼き)とバーン(焼き込み)が反転した結果を生成する問題を解決
  • GPU処理を使用しているときにホワイトバランスツールが誤った結果を表示することがある問題を解決

DaVinci Resolve 16.1 – Fusion page. Source: Blackmagic

カラーページの改善

  • タイムラインメニューの2.0:1出力ブランキングプリセットのサポート
  • 富士フイルムF-Logカラースペースのサポート
  • 共有ノードでOpenFXパラメーターを調整してもレンダーキャッシュが正しく更新されない問題を解決
  • プリクリップおよびポストクリップグループがOpenFXパラメーターのキーフレーム化を誤って許可する問題を解決
  • FusionコンポジションをEXRファイルに追加すると、カラーマットが正しく動作しない問題を解決
  • カットページとカラーページを切り替えてもビデオスコープダイアログが保持されない問題を解決
  • ResolveFX Warperで画面上の複数のポイントを移動しようとすると、1ポイントしか移動しない問題を解決
  • 静止ノードグラフダイアログからノードをドラッグしてもノードラベルがコピーされない問題を解決
  • Macのディスプレイカラープロファイルをブラックマジックデザインの再生デバイスと一緒に使用すると、断続的にブラックフレームが表示されることがある問題を解決
  • アンミックスモードで、再生中にストレートアルファを持つクリップの誤ったプレビューが表示される問題を解決
  • カラーページの出力キャッシュと一部のクリップを一致させるショットがクラッシュする問題を解決
  • ギャラリービューが自動的にスクロールされず、新しく取得した静止画が表示されない問題を解決
  • インポートされたドルビービジョンメタデータをエクスポートすると、各クリップの最初のトリムのみがエクスポートされる問題を解決
  • インポートされたドルビービジョンメタデータをエクスポートすると、ドルビービジョン4.0プロジェクトの元のL2値が保持されない問題を解決
  • 一部のWindowsシステムでスコープパラメーターを調整すると、視聴者に黒いフレームが表示されることがある問題を解決

DaVinci Resolve 16.1 – Color page. Source: Blackmagic

Fairlightページの改善

  • タイムラインを切り替えたりプロジェクトをリロードしたりすると、バスミキサーのEQとダイナミクスが正しく更新されない問題を解決
  • AltキーまたはOptionキーを押しながらクリップゲインをクリックしてキーフレームを追加すると正しく動作しない問題を解決
  • 範囲モードでステレオクリップをモノラルトラックにドラッグすると正しく動作しない問題を解決
  • 一部のシナリオでタイムラインの開始前にタイムラインルーラーをドラッグできる問題を解決
  • MacOSでアプリケーションを再起動しないと、パッチI / Oダイアログにオーディオ入力デバイスの変更が反映されない問題を解決
  • ブラックマジックデザインの再生デバイスを使用している場合、パッチI / Oダイアログでネイティブ入力デバイスが検出されない問題を解決
  • Fairlightタイムラインでビデオを編集するときにビデオスクローラーが正しく更新されない問題を解決
  • Main1以外のバスでラウドネスグラフが正しく表示されない問題を解決
  • トリムおよび書き込みモードの自動化曲線が同じ色で表示される問題を解決
  • Fairlight Audio AcceleratorでBlackmagic Designの再生デバイスを使用する際の、同期されたオーディオおよびビデオの再生に関する複数の問題を解決
  • カスタムオーディオトラックマッピングを含むメディアプールクリップをFairlightタイムラインにドラッグすると、誤った波形が表示される問題を解決
  • 60を超える入力チャネルと出力チャネルでBチェーンを設定するとクラッシュする問題を解決
  • トラック名を変更してもスペースビューダイアログのすべてのチャンネルが更新されない問題を解決

Media & Deliverページの改善

  • タイムラインレンダリングのユーザー選択可能なオーディオサンプルレートのサポート
  • Blackmagic RAWファイルからピクセルアスペクト比が正しく読み取られない問題を解決
  • 一部のH.264クリップをデコードするとMacOSでクラッシュする問題を解決
  • 一部のH.264クリップをデコードすると、最後のフレームがオフラインとして表示される問題を解決
  • ミュートされたトラックを含むAAFタイムラインをエクスポートすると、MacOSシステムでクラッシュすることがある問題を解決
  • DCPパッケージを個別のクリップモードでレンダリングすると、オーディオ形式に関するエラーが誤って表示される問題を解決
  • MacBook Proのタッチバーからレンダリングプリセットを選択すると、レンダリングが誤って停止する可能性がある問題を解決
  • DaVinci ResolveからレンダリングされたDNxUncompressedクリップの一部が誤ったレベルでデコードされる問題を解決
  • 削除されたタイムラインを参照するレンダージョブを更新するとクラッシュすることがある問題を解決
  • レンダリングジョブで新しいプロジェクトを保存するとクラッシュすることがある問題を解決
  • Resolveを使用したヘッドレスモードでのレンダリングが正しく機能しない問題を解決
  • フレームio、YouTubeまたはVimeoへのアクセント付きファイル名のクリップのアップロードが時々失敗する問題を解決

その他の改善事項

  • プロジェクトの復元またはインポート時に元の作成日メタデータを保持するためのサポート
  • 追加のフラグとマーカーの色のサポート
  • Wacomタブレットを使用してパラメーター値を編集するときの動作の改善
  • メディア、編集、カットページの再生パフォーマンスの向上
  • プロジェクトの削除をサポートするスクリプトAPIの改善
  • モニターを接続してデュアルスクリーンモードに切り替えるとクラッシュすることがある問題を解決
  • 言語がポルトガル語に設定されている場合、ショートカットを使用して設定ダイアログを起動できない問題を解決
  • クリップのデコード品質を変更すると、Peopleダイアログの対応するサムネイルが不正確になる問題を解決
  • フルスクリーンビューアでカスタムキーボードショートカットが正しく機能しない問題を解決
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する