広告

DJIがOSMO Mobileを発表-スマートフォン用ジンバル

DJIがOSMO Mobileを発表-スマートフォン用ジンバル

DJIから Osmo Mobile が発表された。先日  DJI Osmo++ が発表されたが、DJIから相次ぐ新製品の発表だ。OSMO Mobileはスマートフォン用のジンバルスタビライザーで、手軽に手振れを抑えた映像を撮ることができ、プロやハイエンドコンシューマー以外でもジンバルスタビライザーを気軽に使える。

DJIはドローンやジンバルで広く業界で知られるようになったが、今度はOSMOのラインアップに小さなOSMOとでもいうべきジンバルを追加した。OSMOのラインアップにはオリジナルのOSMOから、 Zenmuse X5R カメラを搭載するOSMO RAWまで広くラインアップされているが、今回発表されたOSMO Mobileは最もエントリーレベルに位置するもので、映像制作者以外のマーケットへの浸透も狙っている。

Osmo Mobile

OSMO Mobileには58.6mmから84.8mmの長さのスマートフォンを取り付けることができる。厚さは8.4mmまで。同梱されているクランプでスマートフォンを固定するし、固定しているノブを調整してバランスを取るだけで、すぐ撮影することができる。

Osmo Mobile のハンドルには写真用のシャッターボタン、ビデオのRECスタートボタン、カスタマイズできるジョイスティックが付いている。これにより、カメラの向きをコントロールすることができる。人差し指の下の位置にはボタンがあり、これを押す回数により、一時的にカメラの向きを固定したり、中央に向けたり、セルフィーモードにしたりできる。

Osmo Mobile

Osmo Mobile の便利な点は、スマートフォンにインストールしたカメラアプリでスタビライザーの基本的な機能制御できること。この点に関しては以前紹介したFilmic Proと同じだ。しかし、OSMO MobileではBluetooth でDJI GOアプリに接続して、被写体を選択すると、これを追尾するActiveTrackが搭載されているのだ。

パノラマ撮影やタイムラプスもDJI GOアプリから撮影可能。開始点と終了点をセットすると、勝手に撮影してくれる。ただ、幾つかの機能はiOSのみサポートされているので注意してほしい。

価格は本体が34,992円(税込)だが、含まれるアクセサリーにより価格が異なる。スマートフォンで撮影することが多いユーザーにはお勧めだし、特にFilmic Proやスマートフォン用のレンズを使用しているユーザーは見逃せないだろう

更に、スマートフォンがニュースに使われつつある現実を考えると、こうしたツールは今後ますますジャーナリストに使われることになるだろう。オプションのユニバーサルマウントを使えば、現場のレポーターでもオーディオ機器やライトを固定して、より良い映像を撮ることができる。

更に詳しい情報は、DJIのページから取得できる。

 

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する