FilmConvertがキヤノンEOS R5用プロファイルをリリース

FilmConvertがキヤノンEOS R5用プロファイルをリリース

FilmConvert Nitrateを使用して、RAW映像を含め、EOS R5で収録した映像を簡単にグレーディングできるようになる。この機能はまもなくCineMatchに追加され、心地よいフィルムルックを実現することができる。

FilmConvertプラグイン(スタンドアロンアプリとしても利用可能)を使用すると、映像をグレーディングして、さまざまなフィルムの色や粒子などのルックを簡単にシミュレートできる。最新のプラグインであるFilmConvert Nitrateは、従来のFilmConvert Proプラグインに代わるもので、より多くの機能を備えている。

なお、このリンクを使用すると、FilmConvertでの購入が10%割引になる。

FilmConvertのプラグインで正確にグレーディングするには、最初にカメラと撮影した画像プロファイルを選択する必要がある。数十のカメラパックがFilmConvertのウェブサイトからダウンロードでき、2012年以降に発売された多くのミラーレス/シネマカメラに対応している。

現在、パナソニックS5キヤノンEOS C70ソニーα7S III、そして昨年はパナソニックLUMIX S1とS1Hの新しいカスタムプロファイルが発表されている。そして今回キヤノンEOS R5にも対応した。

Image credit: CineD

EOS R5用プロファイル

キヤノンEOS R5は、昨年大きな話題になったミラーレスカメラの1つで、8K RAW撮影が可能な他、4K/120Pスローモーション、5軸ボディ内手振れ補正、最先端のオートフォーカスなど、先進の機能が詰まっている。レビューはこちら

Canon EOS R5 – Lots of resolutions and frame rates to choose from. Image credit: CineD

キヤノンEOS R5については当社オーバーヒートの問題があったが、現在では対策されている。オーバーヒートの問題についてのインタビューはこちら

EOS R5用に作られた新しいカメラパックがリリースされたが、現時点では、FilmConvertおよびFilmConvert Nitrateと互換性があり、簡単なカメラマッチングプラグインであるCineMatchでもまもなく利用できるようになる。

FilmConvertの場合と同様、このカメラプロファイルも無料でダウンロードできる。FilmConvertのWebサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する