FilmConvertがパナソニックLUMIX S5用のピクチャープロファイルをリリース

FilmConvertがパナソニックLUMIX S5用のピクチャープロファイルをリリース

FilmConvertは、パナソニックLUMIXS5用の画像プロファイルをリリースした。 FilmConvertまたはFilmConvert Nitrateを使用してS5で撮影した映像を簡単にグレーディングし、美しいフィルムルックにすることができる。

FilmConvertのプラグイン(スタンドアロンアプリとしても利用可能)を使用すると、映像をグレーディングし、さまざまなフィルムストックの色や粒子などのルックを簡単にシミュレートできる。ここで説明する最新のプラグインFilmConvert Nitrateは、従来のFilmConvert Proプラグインを徐々に置き換えており、より多くの機能とルックを備えている。

ちなみに、こちらのリンクを使用すると、FilmConvertでの購入が10%割引になる。

FilmConvertのプラグインを使用するには、最初にカメラと撮影した画像プロファイルを選択する必要がある。多くのカメラパックがFilmConvertのウェブサイトから直接ダウンロードでき、2012年の発売以降にリリースされた多くのミラーレス/シネマカメラに対応している。

FilmConvertは、キヤノンEOS C70、ソニーα7S III、そして昨年はパナソニックLUMIXS1とS1Hに対しカスタムプロファイルをリリースしている。今回はS5用の新しいプロファイルをリリースした。

Panasonic LUMIX S5 no lens
Image credit: CineD

LUMIX S5用プロファイル

現在、LUMIXのカメラシリーズでは、S1H、S1R、S1、S5に対応している。カメラのレビューはこちら。これらのカメラでは、Apple ProRes RAWをAtomos NinjaVで記録することもできる。

Panasonic LUMIX S5は2020年9月から発売されており、FilmConvertのプロファイルを使用できるようになる。

カメラプロファイルは無料でダウンロードできる。ダウンロードについては、FilmConvertのウェブサイトを参照いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する