CookeがFull Frame Plus S7/iとAnamorphic/iを発表

CookeがFull Frame Plus S7/iとAnamorphic/iを発表

英国のハイエンドシネレンズメーカーであるクックオプティクスは、FF +(フルフレームプラス)のプライムシリーズに5本の新しいレンズを発表した。4本はS7 / iカテゴリに属し、もう1本はAnamorphic/iシリーズに属す。

Cooke S7/i

Cookeはハイエンド映画製作で良く使用されるレンズで、Cooke Lookは多くの映画製作者が求めているものだ。Cookeは高解像度がすべてではなく、ルックが重要だと主張している。NAB 2020で発表されるはずだったが中止になったため、Webセミナーでの発表となった。プレスリリースはこちら。(英語)

S7/i Spherical Prime

新しく300mm T3.3プライムが追加され、S7 / i FF +は、合計14本のラインアップとなった。

  • 16mm S7/i FF+ T2
  • 18mm S7/i FF+ T2
  • 21mm S7/i FF+ T2
  • 25mm S7/i FF+ T2
  • 27mm S7/i FF+ T2
  • 32mm S7/i FF+ T2
  • 40mm S7/i FF+ T2
  • 50mm S7/i FF+ T2
  • 65mm S7/i FF+ T2
  • 75mm S7/i FF+ T2
  • 100mm S7/i FF+ T2
  • 135mm S7/i FF+ T2
  • 180mm S7/i FF+ T2
  • 300mm S7/i FF+ T3.3
Cooke

All 14 lenses of the Cooke S7/i FF+ lineup.

さらに、Cookeは、S7 / iラインアップに、60mm、90mm、150mmの 3本の新しい1:1 MAKROレンズも発表した。

Cooke

Anamorphic/i Prime

上記の4本の新しいレンズに加え、新しいアナモルフィック/ iレンズ、180mm T2.3も発表された。

Cooke

Anamorphic/i 180mm T2.3

これによりAnamorphic/iラインナップは、合計8本となる。

  • 32mm Anamorphic/i FF+ 1.8x T2.3
  • 40mm Anamorphic/i FF+ 1.8x T2.3
  • 50mm Anamorphic/i FF+ 1.8x T2.3
  • 75mm Anamorphic/i FF+ 1.8x T2.3
  • 80mm MAKRO Anamorphic/i FF+ 1.8x T2.8
  • 100mm Anamorphic/i FF+ 1.8x T2.3
  • 135mm Anamorphic/i FF+ 1.8x T2.3
  • 180mm Anamorphic/i FF+ 1.8x T2.3
Cooke

Lineup of Anamorphic/i prime lenses

もちろん、クックのレンズは安価ではない。レンタルが中心になるが、映画撮影には欠かせないレンズとなるだろう。 Cooke Lookは今でも世界中の著名な監督に愛されている。

Cooke

CookeのWebサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する