富士フイルムがX-T3のジンバルコントロールを強化するファームウェアアップデートwo

2019.12.2
富士フイルムがX-T3のジンバルコントロールを強化するファームウェアアップデートwo

富士フイルムは、DJI Ronin-Sと Zhiyun Crane 2ジンバルに対し、USBを介して X-T3をジンバルから制御するファームウェアアップデートを海外で発表した。 今回の更新により、ビデオのREC On/Offやフォーカスのマニュアルコントロール、あるいはシャッタースピード、ISO、絞りなどのコントロールが可能になる。

FUJIFILM x-t3

Image Credit: FUJIFILM

X-T3のジンバルコントロールを強化

Cinema5Dでは X-T3のレビューで、「ビデオパフォーマンスに関しては、富士フイルムがこれまでに発表したカメラの中でベスト」と位置付け、2018年のベストミラーレスカメラに選出した。 また、 X-T3とRonin Sを組み合わせたレビューでは、Ronin Sからのスタートストップとフォーカスコントロールを特に求めた。従って、今回のアップデートは妥当なもので驚きは無いが、喜ばしいことだ。 富士フイルムは、キヤノン、ニコン、ソニー、パナソニックと並んで、ビデオ撮影にも力を入れている。今回のアップデートにより、 X-T3のジンバルでの使い勝手が向上する。

XT-3 gimbal Ronin S DJI

FUJIFILM X-T3 – DJI Ronin S combo (Image Credit: Florian Gintenreiter)

アップデートの内容

このアップデートにより、 X-T3の多くの機能をジンバルからUSB経由で制御できるようになる。これまでは、ジンバル経由で写真のシャッターを押すことは可能だった。今回の更新により、ビデオのREC On/Offやフォーカスのマニュアルコントロールが可能になる。 DJI Ronin-Sと Zhiyun Crane 2はどちらも、USBを介してさまざまなカメラのフォーカスをコントロールでき、フォローフォーカス用ノブを備えている。 X-T3では、シャッタースピード、ISO、絞りなどのコントロールも可能となる。ドローンに搭載する場合も同様にコントロールできるようになる。

Fujifilm x-t3 autofocus firmware eye face

Image Credit: Fujifilm

その他のアップデート

今回のアップデートでは、特にオートフォーカスに関し、複雑な状況での目と顔の検出が改善された。 X-T3のートフォーカスシステムは既にかなり高度なものだが、更にブラシアップされる。

なお、この発表は海外でのもので、バージョンはVer3.10とVer3.20とされており、Ver3.10は12月、Ver3.20は2020年1月リリースとされている。この記事の執筆時点で、同社の日本サイトには掲載されていない。海外での発表文はこちら

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

 

FUJIFILM X-T3 ボディ (シルバー)

 

 

 

 

DJI RONIN-S

 

 

 

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment