F&VのK4000 Power - 高出力LEDパネル

F&VのK4000 Power - 高出力LEDパネル

F&Vは新しい高出力正方形LED照明、K4000 PowerとK4000S Powerを発表した。 これらは、前モデルの3倍の出力で、DaylightとBiColourが選択できる。価格も安価で、業界でスタンダードな地位にいるLitepanelsのAstraに対抗しうるものだ。

新機能

K4000 Power(昼光)とK4000S Power(BiColour)の2種類があり、どちらも1X1(正方形) LEDパネルだ。従来製品の3倍の光量を出力するだけでなく、より迅速に効率的なセットアップに重点をおいている。また両者とも、スピゴット基準に準拠し、回転部は簡単にロック、アンロックができるように改良されている。

しかし、やはり新製品の特長はなんと言っても明るさだろう。 最大光量は従来モデルの約3倍になっている。また、アクセサリーも充実している。

アクセサリーのソフトボックス(KS-1)は、しっかりしたフレームで構成されている。内部に反射布が貼られており、ディフュージョンが取り付けられていない場合は、前面への光量が増加する。

その他にもバーンドア、30度と45度のハニカムグリル、各種後部モジュールがアクセサリーとして用意されている。

前記のリアモジュールには、DMX、専用コントローラー付きWifi、および従来のF&Vパネルと互換性のある有線調光器が含まれている。

電源はVロックプレート(3スタッドゴールドマウントプレートオプションアクセサリー)でDC電源が供給される。さらに、AC接続用のダミーVロックもある。

優れたCRIの数値は継承されており、質の高い照明が期待できる。スペックはTLCI が95-99(97±2)、CRI が93-97(95±2)。

豊富な光量

F&Vは、新製品は従来製品の3倍明るく、KS-1の反射布を装着した場合は4倍明るいと述べている。

以下はデータシート。

参考のため業界標準となっているLitepanelsのAstraと比較してみた。

AstraとK4000 Powerを3メートルの距離の明るさで比較すると、Litepanels Astraが依然として優位であることが分かる。しかしそれほど大きな違いではない。

F&Vパネルは約30%安価であることを考えると、これは確かに面白い提案だ。

K4000 PowerとK4000S Powerは現在発売されており、1個単位で購入することができるが、従来モデルでは3個セットがあったので、恐おそらく近いうちに発売されるだろう。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する