Gitzoが2wayフルードヘッドを発表

上のビデオは「字幕」ボタンで日本語字幕が表示されます。

 

Vitec Groupがフォトキナ2018で、新しいGitzo 2wayフルードヘッドを発表した。パンとチルトのスムースな動きが期待できる。最大耐荷重は4kg。軽量のマグネシウムボディーなので、持ち運びにも便利だ。なお、この三脚はバードウォッチャー向けに作られているとのことだ。

GitzoはVitec Imaging Distributionのブランドで、三脚、モノポッド、ヘッド、アクセサリーなどを発売している。 なお、Vitec GroupはGitzoの他にも、Manfrotto、JOBY、Lowepro、Colorama、Lastolite、Avengerも保有している。 フォトキナで同社は、Gitzo 2wayフルードヘッドを発表した。

Gitzo 2wayフルードヘッドは、主にDSLRカメラやミラーレスカメラで、バードウォッチングや野生動物の撮影向けに作られたとのこと。しかし同社は、基本的にすべての動画撮影に適したヘッドであると述べている。 Gitzo 2wayフルードヘッドは、人間工学に基づいたデザインの非常にコンパクトなフルードヘッドでパンとチルト軸に流体構造が与えられている。野生動物の撮影を考慮して、反射しない表面処理を行っているのも特徴だ。

Gitzoはカーボンファイバーを使用することにより、軽量で丈夫な三脚メーカーとして人気がある。このヘッドの主な革新点は、フルードカートリッジと精密な内部構造だ。 重量は0.6kg未満で最大4kgの耐荷重を持つ。堅牢かつ軽量なマグネシウムボディを備えている。同社のカーボンファイバー仕様の三脚と組み合わせて軽量な三脚システムを組むことができ、持ち運びにも便利だ。このヘッドはもちろん他の脚にもフィットする。なお、標準の60mmベースと3/8インチ-16のネジが装備されている。

Gitzo 2wayフルードヘッドの上部には、滑り止めのゴムが付いたアルカスイス互換プレートがある。ヘッドにはカウンターバランスシステムが装備されているため、カメラを正確にバランスさせることができる。 Gitzo 2wayフルードヘッドのフルードカートリッジは、高温や低温の環境でもスティックスリップを起こすことなく、スムースな動きを保証する。 -60°~ 90°のチルト範囲と360°のパンが可能。

Gitzo 2wayフルードヘッドは、2018年11月に出荷開始予定で、すでに予約販売が始まっている。価格はヨーロッパでは約319ユーロ(税込み)、米国で319ドルとされている。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する