H.266 Versatile Video Codec (VVC)が発表

H.266 Versatile Video Codec (VVC)が発表

新世代のビデオコーデックH.266が徐々に姿を現しつつある。H.266 Versatile Video CodingVVC)は、従来のH.265HEVC)と比較して約50%効率が良くなる。

H.266 VVC codec for high-resolution video announced. Source: Unsplash/Loewe

ベルリンに拠点を置くフラウンホーファーハインリッヒヘルツ研究所:Fraunhofer Heinrich Hertz Institute(フラウエンホーファーHHI:Frauenhofer HHI)は、モバイルおよび固定ブロードバンド通信ネットワークとマルチメディアシステムの開発を行っており、アップル、エリクソン、インテル、ファーウェイ、マイクロソフト、クアルコム、ソニーなどのパートナーと共に、新しいグローバルビデオコーディング規格H.266 – Versatile Video Coding(VVC)のリリースと公式採用を発表した。

H.266 – Versatile Video Codec (VVC)

Fraunhofer HHIが述べているように、現在、世界のインターネットトラフィックの80%をビデオデータが占めている。また従来の標準H.264(Advanced Video Coding – AVC)とH.265(HEVC)は、100億を超えるエンドデバイスで使用されており、総データボリュームの90%以上を占めている。H.264とH.265は、テレビ技術の進歩に大きく貢献したことで、3つのエミーエンジニアリングアワードを与えられている。

新しいH.266(VVC)は更に改善された圧縮効率で、H.265(HEVC)と比較して、約50%改善する。つまり、H.266は、同等の映像品質を実現しながら、より高速な転送が可能になる。ハイダイナミックレンジビデオおよび全方位360°ビデオをサポートしながら、最大8Kまでの解像度に対応する。

H.266 VVC Logo. Source: Fraunhofer HHI

H.266は超高解像度のビデオを念頭に開発されたため、4Kや8Kビデオをストリーミングする場合、必要なデータ量は少なくて済み、特に有用だ。

フラウンホーファーHHIは、特許の使用について、FRANDの原則に基づきライセンスモデルを確立する予定。この目的のため、メディアコーディング業界フォーラム(MC-IF)が設立された。これにはすでに30以上の企業や組織が参加している。

フラウンホーファーHHIによると、H.266 / VVC用の新しいチップは現在開発中。 H.266 / VVCをサポートする最初のソフトウェア(エンコーダーとデコーダーの両方)は、2020年秋に公開される予定。

H.266は映像制作に適するか?

H.266は高解像度コンテンツのストリーミングに有用だが、ポストプロダクションにとっては課題となる。圧縮率が高いほど、編集やグレーディングでは処理能力が求められることになる。

H.265コーデックが2013年頃に登場し、最初のカメラがこのコーデックを採用するまでに少し時間がかかかった。 またH.265で記録した最初のカメラの1つは、 Samsung NX1ミラーレスカメラだった(ただし、Samsungはその後事業を終了している)。今日では、ほとんどすべての新しいカメラがH.265を採用している。

H.265と同様、H.266を使用する場合も、NLEにインポートする前にProResやDNxHR(DNxHD)などレンダリングをあまり必要としないものに変換する必要がある。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する