広告

Hollyland Solidcom M1レビュー – 全二重ワイヤレスインカムソリューション

Hollyland Solidcom M1レビュー - 全二重ワイヤレスインカムソリューション

今回のゲストレビューでは、Florian Lindenberg氏がHollyland Solidcom M1システムを使用した感想を述べている。このワイヤレスインカムシステムは、既存のメジャーブランドのシステムよりもはるかに手頃な価格であるため、その性能が心配ではある。このHollylandのシステムは、信頼性と使いやすさの面で納得のいくものなのかを検証する。

私たちは、少なくとも8人のチームメンバー(多くは15人以上)でS35マルチカム作品を多く撮影しているため、手頃で信頼性の高いワイヤレスインカムソリューションをずっと探していた。ここヨーロッパでは、RIEDELやGreen-Go(Clear-ComやAltairに匹敵)といった主要ブランドがある。

これらは驚異的なシステムだが、非常に高価で、使いやすいとは言えない。これまでに数千ユーロをかけてレンタルしたこともあるが、ほとんどの場合、セットアップのために技術者が必要だった。

参考までに、今年はベルトパック20台と技術者をセットにしたパッケージに約3,500ユーロ(VATを除く)を支払った。それ以上に、「Hollyland Solidcom M1」と同等の機能を持つ既存のメーカーのシステムに投資しようとすると、少なくとも5倍の費用が必要になる。例えば、リーデル社の「ボレロ」ベルトパックは1台で約2,200ユーロだ。

Hollyland Solidcom M1 headset with connector
Hollyland Solidcom M1 headset with connector. Image credit: CineD

Hollyland Solidcom M1

私たちは2021年半ばにSolidcom M1に出会い、幸運にもデモ機を手に入れることができた。使ってみると、非常にシンプルで信頼性の高い製品であることがわかった。そこですぐに、ベルトパック8個のセット(M1-8B)を注文した。デモ機の4本のベルトパック(M1-4B)と合わせて、今後制作する作品のほとんどをカバーすることができた。その間に、もう1台M1-8Bを注文している。というわけで、結論を少し前置きすると、比較的安価なインカムシステムながら、Hollyland Solidcom M1システムは非常に優れていると思う。

特に、比較的安価なインカムシステムだが、無線接続の品質と堅牢性は驚くべきものがある。1500人以上のゲストが参加するイベントで、巨大なステージを挟んで200m以上の距離があったにもかかわらず、文字通り聴き取りやすさの低下や接続の途切れはなかった。Wiener Stadthalleのようなコンクリート製のバンカーにも影響されなかった。

Hollyland Solidcom M1
A base unit in the studio. Image credit: Florian Lindenberg

さらに、ベースユニットをCATケーブルでデイジーチェーン接続して、ほぼ無限に範囲を広げることができるのもポイントだ。ベルトパックは、次に使用できるベースユニットに自動的に登録される。見通しの良い会場であれば、無指向性アンテナを外して、内蔵アンテナでも使用できる。

Hollyland Solidcom M1システムの優れた点

Solidcom M1システムを実際の仕事で使ってみて感じたことをまとめてみた。本当に信頼できるシステムで簡単に使えるので、仕事中は忘れられがちだが、それはもちろん良いことだ。インカムシステムは使えれば良いのであって、煩わしいものであってはならない。しかし、いくつかの問題点やおかしな点も見つかった。

  • 必要なものはほとんど揃っている。キットはフォームインサート付きのハードケースに入っている。8個のベルトパックと8個のバッテリー(4Bキットには4個の予備バッテリー、8Bキットには8個の予備バッテリーが同梱されている)を充電するためのステーション、無指向性アンテナ、ランヤード、片耳ヘッドセット(収納ポーチを含む)、必要なケーブル類などだ。
  • セットアップは非常に簡単だ。ベースユニットとベルトパックの電源を入れれば、自動的に接続される。必要に応じて、ベースユニットまたはアプリから直接、3つのグループの1つ(または複数)に異なるベルトパックを割り当てれば、準備完了となる。
Hollyland Solidcom M1 charging dock
Hollyland Solidcom M1 charging dock with 4 handsets and 4 spare batteries. Image credit: CineD
  • ベースユニットには、2線式→4線式の変換器が内蔵されている。そのため、既存のシステムに組み込むことができる。
  • ビルドクオリティーは全く問題ない。ベルトパックはとても軽くて小さい。高品質のLemoコネクタ、追加の標準3.5mmステレオジャックプラグ、交換可能なアンテナを備えている。
  • ベルトパックのバッテリー1個で5~6時間の駆動が可能です。これまでのところ、バッテリーが切れたことはない。
  • ベースユニットにはソニーのNP-F電池を使用できるほか、PoE(Power over Ethernet)による電源供給も可能。
  • 付属のヘッドセットはなかなか快適だ。
Hollyland Solidcom M1 base station connectors
Hollyland Solidcom M1 Base station showing all the inputs. Image credit: CineD
  • すでに述べたように、接続の範囲と品質が非常に優れている。
  • この価格は完全なパッケージに対するもので、隠れた追加コストはない。

実際の使用感

  • ベルトパックが水平方向に設置されているのは(少なくとも我々にとっては)珍しいことだ。ベルトクリップを取り外せば縦向きになるが、これはメーカーが本当に意図したものではないことがすぐにわかる。
  • Lemoコネクタは確かに高品質なコネクタだが、メンテナンスや破損時の交換が非常に困難だ(他の一般的なシステムで使用されている4ピンXLRコネクタと比較して)。
  • ベルトパックには(フレキシブルな)アンテナが付いているので、かなり小さく、簡単に交換することができる。しかし、常にシャツやケーブルで引っかけることになる。もっと小さなスタブアンテナ(前モデルのHollyland Mars T1000のようなもの)があれば、より実用的だったかもしれない。
Hollyland Solidcom M1
The beltpack is attached rotated by 90 degrees. Image credit: Florian Lindenberg
  • リーデルやGreen-Goのベルトパックでは、プッシュ・トゥ・トークと「常時接続」を切り替えることができる。Solidcom社のベルトパックにはオンオフボタンしかない。しかし、すぐに慣れる。
  • ホリーランドでは、両耳タイプのヘッドセット(別売りで約180ユーロ)も用意している。
  • このヘッドセットにはスイッチが内蔵されていて、フリップアップするとマイクが無効になる。

気に入らなかった点

注意:この記事を書いている時点で、Hollylandは私たちのフィードバックのほとんどに対応した新しいファームウェアを送ってくれたが、私たちはまだそれをレビューする時間がない。新機能については、Hollyland社から直接送られてきたこのGoogle Docを参照していただきたい。

Hollyland Solidcom M1 headset
image credit: CineD
  • 交換可能なイヤーカップがない。イヤーカップを交換しなければならない、あるいは交換したいと思っている人にとっては残念なことだ。
  • 専用のグループに「聴取専用」を割り当てることができない。例えば、ステディカム・オペレーターとフォーカス・プーラーがそれぞれのグループを持ち、他のグループに聞こえないように常にコミュニケーションを取るというユースケースがある。ここまではよいが、しかし、監督の指示も聞く必要がある場合は、そのグループに追加する必要がある。そうすると、監督のグループにいる全員が、ステディカムオペレーターのグループも聞くことになる。以前はこれを実現する方法がなかった。新しいFW(V1.1.2.7)では、IPアクセスによって8つの作業モードの1つを異なるベルトパックに割り当てることで、これが可能になるはずだ。
Headset of the Solidcom M1 system. Image credit: Florian Lindenberg
  • Tヘッドセットには、一定の騒音レベル以下でマイクを無効にするスレッショルドがある。騒がしい環境で、激しい風切り音や人の叫び声を誰にも聞かれたくない場合には、素晴らしい機能です。しかし、トークショーや会議、コメディーやキャバレーなど、ある程度静かにしなければならない仕事では、ディレクターが多少なりとも小声で話さなければならず、それがゲートでカットされてしまう。インカムが自動的にディレクターの声を消してしまい、どうすることもできないのは非常に不便だ。

Hollylandに感謝している。また、ベルトパックごとに個別に設定できる異なるマイクゲインモードも追加されている。詳細は、前モデルのHollyland Mars T1000のレビューをご覧いただきたい。

Hollyland Solidcom M1 Set
One base unit and 4 beltpacks. Image credit: CineD

価格、配送範囲、仕上がりの品質、カスタマーサポート(特にフィードバックの実施)などを考慮すると、迷うことなくお勧めできる。

Link: Hollyland

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する