ソニーがFE C 16-35mm T/3.1 GフルフレームEマウントレンズを発表

ソニーがFE C 16-35mm T/3.1 GフルフレームEマウントレンズを発表

ソニーはIBC 2019で新しいEマウントレンズ、FE C 16-35mm T / 3.1Gを発表した。このレンズは、AFコントロール可能なシネマレンズで、最近発表されたFX9を含むすべてのEマウントフルフレームカメラと互換性がある。

FE C 16-35mm T/3.1 Gの概要

FE C 16-35mm T / 3.1 Gは、ソニーの最新Gマスターフルフレーム互換レンズだ。このレンズはFX9カメラと互換性があり、αカメラやVENICEでも使用できる。

Sony is already teasing other Cinema G series lenses.

レンズ構成は、2枚のXA(Extreme Aspherical)レンズ、3枚の非球面レンズ、および色の歪みを減らすための2枚のED(超低分散)レンズで構成されている。これに加え、Nano AR(反射防止)コーティングが施されており、フレアとゴーストを最小限に抑えている。

Image © Sony

FE C 16-35mm T / 3.1 Gは、一般的なシネマレンズと同様、フォーカス、ズーム、絞りの3つのリングを備えている。各レンズリングには、業界標準の0.8mmピッチギアがあり、F.I.Zワイヤレスフォーカスシステムを使用できる。フロントリングはマットボックスの業界標準の115mmとなっている。

Sony1635_03

Image credit: Sony

絞りは、11枚の円形ブレードで構成されており、見栄えの良いボケが得られる。絞りリングを手動で操作して正確に調整することもできる。またレンズの側面にはサーボズームモーターがあるが、不要な場合に取り外すことができる。

Image © Sony

汎用的に使えるシネマレンズ

FE C 16-35mm T / 3.1 Gは、一般的な撮影で使用できる汎用レンズだが、一人で撮影するの映画製作者にも最適なレンズだ。このレンズは、オートフォーカスやオートアイリスなど写真用レンズの機能も継承しているため、FX9の優秀なオートフォーカスともうまく組み合わされる。 (FX9のハンズオン記事はこちら)。

Sony1635_04

Image credit: Sony

価格と発売時期

FE C 16-35mm T / 3.1 Gは2020年春に発売予定。ソニーの発表イベントでは、約6000ユーロと言われたが、最終的なものではない。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する