広告

Insta360 ONE RS 1インチ360エディションが発売

Insta360 ONE RS 1インチ360エディションが発売

Insta360は、最新のカメラを発表した。Insta360 ONE RS 1-Inch 360 Editionは、2つの1インチセンサー(Leicaとの共同設計)を搭載し、6K 360ビデオと21MP 360フォトを撮影することができる。

Insta360は、二眼式360°カメラを開発しており、映像制作者は従来のカメラでは不可能だったクリエイティブなショットを簡単に撮影することができる。

カメラを取り付けたスティックは消すことができ、自分で撮れる三人称視点での撮影が可能になる。

もちろん、アクションスポーツやトラベルブログのシーンを想定しているが、360°の映像はやはりかなりユニークで、通常のシーンもクリエイティブに撮影することができる。以下はプロモーションビデオ。

Insta360 ONE RS 1-Inch 360 エディション

名前こそインパクトがあるが、カメラ本体はかなり小型軽量(239g)だ。1インチCMOSセンサーを2つ搭載し、6K360映像(最大5888 x 2944 @30fps)または21MP(6528 x 3264)360静止画を撮影することができる。

1インチ360エディションは、ONE RSを市場で最も包括的で多用途なカメラにするというInsta360の継続的な使命を表しています。この最新版は、ONE RSを低照度下でも素晴らしいパフォーマンスを発揮するパワフルな6Kカメラに変身させます。

JK Liu, founder of Insta360
Insta360 One-RS 1-Inch 360 Edition
image credit: Insta360

Insta360とライカの戦略的パートナーシップは、2020年にまでさかのぼる。新しいONE RS-1 1-Inch 360 エディションは、このパートナーシップから生まれた最初の本格的な製品だ。以下は、Leica Camera AGのCEO、Matthias Harschのコメント。

ライカの光学とデジタルイメージングの専門知識を、ONE RS 1インチ360 Editionという新しい製品セグメントに導入できることを嬉しく思います。クリエイターは、このカメラの360度撮影機能と1インチのデュアルセンサーの両方を活用することができ、もはや創造性とプレミアムな画質のどちらかを選ぶ必要はありません。

Matthias Harsch, CEO of Leica Camera AG

撮影し、後でリフレーミング

2つのレンズで360°フルパノラマ撮影ができるため、カメラをどこに向けるか考える必要はない。その代わり、すべてのアクションをワンテイクで撮影し、後から好みに応じて無限にリフレーミングすることができる。撮影した映像は、Insta360ソフトウェアを使って、360度映像として、または従来の平面映像として出力することができる。

Insta360 One-RS 1-Inch 360 Edition
image credit: Insta360

Insta360アプリでは、Shot LabがAIを使用してクローニング、ドリーズーム、スタートレイルなどの編集技術を自動化し、短時間の動画を直接作成することができる。より高度なコントロールが必要な場合は、Insta360 StudioデスクトップソフトウェアまたはAdobe Premiere Proプラグインを使用して、完全なマニュアルコントロールを行うことができる。

また、AIと自動露出ブラケットを使用して撮影した写真のダイナミックレンジを拡大し、さらなるポスト編集の必要性を排除する、いわゆるPureShot HDR写真モードも新たに搭載された。

Motorcycle with camera
image credit: Insta360

Insta360 ONE RS 1インチ360エディションは、Insta360のFlowStateスタビライゼーションと水平補正アルゴリズムにより、アウトボードジンバルが不要で、調整などは必要なくすぐに滑らかで水平な映像が得られる。このカメラはIPX3の防水性能を備えており、屋外での撮影時に雨や雪から保護される。

仕様

Insta360 ONE RS 1インチ 360 Editionのスペック一覧は以下の通り。

  • 絞り値:F2.2
  • 35mm判換算焦点距離: 6.52mm
  • 写真解像度 6528 x 3264 (2:1)
  • ビデオ解像度
    • 5888 x 2944 @30fps
    • 6144 x 3072 @25/24fps
    • 3840 x 1920 @30/25/24fps
    • 3040 x 1520 @50fps
  • 写真フォーマット: insp / RAW (dng) (RAWファイルの書き出しにはPC/Macのソフトウェアが必要です。)
  • ビデオフォーマット:insv(アプリまたはStudio経由で書き出し可能)
  • フォトモード 標準、HDR、インターバル、スターラプス、バースト、PureShot
  • ビデオモード 標準ビデオ、タイムラプス、タイムシフト、ループ録画
  • カラープロファイル スタンダード、ビビッド、LOG
  • 重量:239g
  • 寸法(幅×高さ×奥行き):53.2×49.5×129.3mm 53.2 x 49.5 x 129.3mm
Insta360 One-RS 1-Inch 360 Edition
image credit: Insta360
  • 動作時間:62分 ※ラボ環境にて[email protected]モードでテスト済み
  • 最大ビデオビットレート 120Mbps
  • ジャイロスコープ 6軸ジャイロスコープ
  • ライブストリーミング:360ライブ、リフレームライブ(ストリーマーが固定視点に設定)
  • 露出値:±4EV
  • ISO範囲 100-3200 ISO
  • シャッタースピード: 最大1/8000
  • ホワイトバランス: 2000K-10000K
  • オーディオモード ウィンドリダクション/ステレオ
  • オーディオフォーマット 48 kHz、AAC
  • ブルートゥース BLE5.0
  • Wi-Fi:5GHz、802.11ac
  • USB Type-C
Skyscapers
image credit: Insta360
  • microSDカード:UHS-Iバスインターフェース、ビデオスピードクラスV30規格、最大ストレージ1TBのexFATフォーマットされたmicroSDカードが推奨される。
  • バッテリー容量:1350mAh
  • 充電方法 タイプC USB
  • 充電時間:90分(電源オフ時)
  • 動作温度:-4°F ~ 104°F (-20℃ ~ 40℃)

手持ちのInsta360カメラをアップグレード

レンズ交換可能な設計の1インチ360レンズモジュールは、ONE RとONE RSの両方のコアに対応しており、映像制作者はアクションカメラを360カメラに変身させることができる(もちろん、その逆も可能)。

Insta360 One-RS 1-Inch 360 Edition
image credit: Insta360

価格と発売時期

Insta360 ONE RS 1-Inch 360 Editionは現在発売中で、販売価格は118,800円。ONE RとONE RS(レビューはこちら)ユーザー向けのアップグレードバンドルは、1インチ360レンズモジュール、バッテリー、マウントブラケット(ただしコア、つまりカメラ本体はなし)が含まれ、96,600円で販売されている。

Link: Insta360

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手