EOS C700 — キヤノンブースインタビュー

2016.9.29

canon-c700-broadcast

キヤノンEOS C700が先のIBCで発表され注目を集めている。当サイトの読者からも様々な意見が寄せられているが、実際のところどうだろうか?IBCでキヤノンに詳細を聞く機会があったので、紹介しよう。

Canon EOS C700

C700でキヤノンは基本形状を変えてきた。C300MarkIIやC500の独特の形状ではなく、パナソニックのBaricamやArriAmira、あるいはソニーF55/F5といったカメラを連想させるような形状に変わったのだ。そして明らかにハイエンドシネマをターゲットにした価格付けである。

EFとPLのマウントバージョンが用意されており、ラインアップは通常センサーのEFマウントモデルと、グローバルシャッターのPLマウントモデルの2モデルとなる。

C700は4Kがカメラ内部のCFast 2.0カードに記録できる。記録フォーマットはXF-AVC(4K / 10bit / 59.94p)か、ProRes(4K / 10bit 422HQ 、あるいは2K / 12bit / 4:4:4:4)を選べる。

4.5Kセンサーを搭載し、オプションで用意されるCodexのCDX-36150レコーダーを使えば4K/120fps/RAWの記録が可能。これは、おそらく最も注目される機能ではないだろうか?来春のファームウエアのアップグレードで4.5K/100fps/RAWの対応も計画されている。

キヤノンC700のWebサイトはこちら(日本語)

CodexのWebサイトはこちら(英語)

1472717174000_IMG_678477

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment