ジョディ・フォスター マスタークラスレビュー - 俳優/監督の視点から映画制作を見る

ジョディ・フォスター マスタークラスレビュー - 俳優/監督の視点から映画制作を見る

The Jodie Foster Masterclassは、オンライン教育プラットフォームのストーリーテリングコースだ。

俳優/監督の視点

アカデミー賞俳優ジョディ・フォスターは、このマスタークラスのコースで俳優として映画製作についての彼女の見解を述べている。このサイトでは、一例を挙げると、デヴィッド・リンチ、マーティン・スコセッシ、ヴェルナー・ヘルツォーク、ロン・ハワード、ケン・バーンズなどの監督を含む映画製作者向けのコースが用意されている。ジョディ・フォスターのコースのポイントは、俳優/監督としての彼女の視点だ。彼女が予告編で取り上げているトピックの1つは、「全体像」に焦点を合わせなければならない監督と、主にワンシーンに関心のある俳優との間で起こりうる誤解だ。

Academy Award winner Jodie Foster shares her perspective on filmmaking as an actor in this Masterclass course.

実用性かインスピレーションか?

筆者はいくつかのマスタークラスのコースを受講した。いくつかは自分の専門スキルを磨くためのもので、他は新たな発見を求めたものだ。これらのコースで使用されるビデオは通常、特定のトピックに関する考えや逸話、一般的なアドバイスを取り上げるが、YouTubeのチュートリアルでよくあるような実用的なアドバイスはあまり見かけない。これはJodie Foster Teaches Filmmakingにも当てはまる。彼女の話はインスピレーションと動機付けであり、長年の経験に基づいているので確かに有益だ。ただし、これらのコースを最大限に活用するには、付属のワークブックをダウンロードして、努力して理解する必要がある。実際的なアドバイスは、ビデオではなくワークブックから得られる。

Screengrab from the course

受講する価値はあるか?

マスタークラスのコースを購入するには2つの選択肢がある。個別のコースを90ドルで購入するか、180ドルでオールアクセスパスを取得するかだ。筆者の場合、最初にHans Zimmerクラスを購入した後、オールアクセスパスを取得することにした。筆者は映画製作クラスに加え、他のコースにも個人的に興味を持っているので、そのような方法を取った。ストリーミングサービスなので通勤中に聞くことができる。

しかし、おそらくすべての人に適したものではないかもしれない。費用が問題になる場合は、オンラインで利用できる他のサービスもある。図書館で勉強するのも良いだろう。

しかし、コースを購入するかどうかにかかわらず、映画製作者として重要な唯一の方法は、映画を作ることだ。新しい機材を使うことが楽しみになってしまったら、本末転倒だ。

時間とお金があれば、Jodie Foster Teaches Filmmakingは映画製作者として学び成長するための素晴らしい選択肢と言える。費用が問題になる場合は、無料のYouTubeコンテンツや図書館の本をお勧めする。しかし、繰り返すが、映画を作ることに勝る選択肢は無い。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する