Kinefinityカメラが大幅値下げ - アクセサリーも追加

2020.2.17
Kinefinityカメラが大幅値下げ - アクセサリーも追加

Kinefinityは同社のカメラを大幅値下げし、またアクセサリーパッケージを追加した。 Kinefinity MAVO LF本体の価格は11,999ドルから7,999ドルに、MAVO 6Kの価格は4,999ドル、TERRA 4K本体の価格は3,499ドルとなっている。また、Kinefinity TERRA 4Kには20204月に新しい無料のファームウェアアップデートが提供され、ProRes4444およびProRes 4444XQ記録形式が追加される予定。

Kinefinity cinema camera lineup – MAVO 6K, MAVO LF, and TERRA 4K. Source: Kinefinity

中国のカメラメーカーKinefinityは、2017年以来TERRA 4K、MAVO、およびMAVO LFの3つのシネマカメラをリリースしている。非常に興味深い機能を持ち、多くの映像クリエーターは、高く評価している。Kinefinity MAVO LFのレビュー記事はこちら

Kinefinityは、顧客に信頼性と手頃な価格の製品を提供するため、サプライチェーンと生産プロセスの最適化に努力していると述べている。同社は現在、製品ラインナップを調整しており、本日より、同社のカメラは価格改定され、より効率的なアクセサリーパッケージオプションが提供された。

価格改定

Kinefinityによると、価格改定の理由は、サプライチェーンと生産プロセスの最適化による改善としている。既存の3つのカメラすべての価格を下げている。以下の価格はボディのみ。

Kinefinity cinema camera price drops. Source: Kinefinity

残念ながら、Kinefinityカメラは日本では扱いが無いが、Kinefinity Webサイトから直接購入できる。

アクセサリーパッケージ

各Kinefinityカメラには、さまざまなアクセサリーパッケージが用意されているが、今回、パッケージの構成を調整し、利便性と柔軟性を高めた。基本パッケージは、Handheldパッケージと名前が変更された。さらに、CoreパッケージとProductionパッケージのまったく新しいオプションも加わった。各パッケージの内容とその価格は、下の通り。

New accessory packages. Source: Kinefinity

Kinefinity TERRA 4Kファームウェアアップデート

2019年4月に、Kinefinity TERRA 4Kの主要なファームウェアアップデートが行われている。これにより、4Kおよび2Kで最大フレームレートが増加した。

今回、Kinefinity TERRA 4KシネマカメラにProRes4444およびProRes4444XQが追加された。この機能は、無料のファームウェアアップデートにより、すべてのTERRA 4Kカメラに搭載される。ハードウェアの変更は必要ない。ファームウェアは2020年4月にリリースされる予定。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する