広告

Kinefinity MAVO Edge 6K – ファーストインプレッション

Kinefinity MAVO Edge 6Kフルサイズカメラが発表されたが、少しだけ使ってみた私のファーストインプレッションをお伝えする。 Kinefinityオープンゲートや非圧縮RAW記録などの先進的な機能を持つ。また、さらに、シンプルで使いやすく、優れた画質と相まって、同社のトレードマークになりつつある。このカメラの主な障害は、その価格だと思われるが、それについては後述する。

上記のビデオの内容については、各自が自分の意見を持つのが当然なので、詳しく説明することはしない。しかし、クリスティアニ・ウェッター氏には、急な依頼にもかかわらず、この撮影を手伝ってくれたことに感謝したい。

ここでは、このカメラが現場でどのように機能したかについて詳しく説明し、また、私の意見として、このカメラが誰のためにあるのかをまとめたいと思う。

Kinefinity MAVO Edge Comparison 8K vs 6K
Kinefinity MAVO Edge Comparison 8K vs 6K. Image Credit: CineD

Kinefinity MAVO Edge 6Kのボディデザイン

このカメラは、アルミニウム合金とカーボンファイバーという素材の違いはあるものの、Kinefinity MAVO Edge 8Kと全く同じボディデザインを採用している。(MAVO Edge 8Kのレビューはこちら)。私はこのデザインを気に入っており、このカメラを使用する際の2つの主な利点を強調したいと思う。

  • Vマウントの隣にソニーのBP-Uバッテリーを追加アクセサリーなしで使用できること。
  • ボタンの配置が論理的で、とてもシンプルに使える。初期設定後、メニューをあまりいじらなくてよい。

また、Short FFD AdaptersでNative KineMOUNTに異なるレンズを使用できることも、非常に歓迎すべきことだ(PL/LPL/Active EF/passive E)。

Kinefinity MAVO Edge 6K Rec Resolutions on monitor
Kinefinity MAVO Edge 6K Recording Resolutions. Image Credit: CineD
Kinefinity MAVO Edge 6K Rec Codecs on monitor
Kinefinity MAVO Edge 6K Recording Codecs. Image Credit: CineD

コーデックとフレームレート

MAVO Edgeは、前モデルと同様、解像度とフレームレートの選択肢が充実している。6K 3:2 Full-Frame CMOS イメージングセンサーを搭載していることに加え、MAVO Edge 8Kとの主な違いは、非圧縮のCinema DNG RAWビデオと6Kでのオープンゲート録画が可能であることだ。RAW記録に関しては、Kinefinityのプレスリリースから抜粋すると以下の通り。「非圧縮RAWを含むMAVO Edge 6Kのファームウェアのリリースに伴い、RAWの適用解像度およびフレームレートは更新される予定です」。

デュアルベースISO(800と5120)はそのままなので、できるだけきれいな画像を得るには、これらの設定のいずれかを使用することが推奨される。

Kinefinity MAVO Edge 6K with SIRUI FF 50mm anamorphic lens
Kinefinity MAVO Edge 6K with SIRUI FF 50mm anamorphic lens. Image credit: CineD

フィールドにて

新しいカメラは単純に使うのが楽しいが、それ以上に映像がとにかく豪華だ。上記の映像には、この種のプロジェクトには十分なProRes422HQを使用した。

このカメラを使ってみて、私が気に入った点、改善してほしい点を列挙してみた。

良い点

  • 物理ボタンの配置が単純に使いやすい。
  • 内蔵の電動NDフィルター(0.6から2.4までのクリアとe-ND)はもちろん、特に114mmのような大きなネジ径のレンズを使用する場合、非常に助かる。(撮影シーンによってはマットボックスの追加を避けることができる)。
Kinefinity MAVO Edge 6K eND max
Kinefinity MAVO Edge 6K eND max setting. Image Credit: CineD

改善してほしい点

  • 現在の起動時間は48秒と非常識だ!最終的なファームウェアのリリースではぜひ改善してほしい。
  • 録画中にカメラがシャットダウンすると、素材が失われる危険性がある。ビデオファイルにアクセスできなくなる。カメラが停止する直前に、適切にファイルクローズすべき。ちなみに、Adobe Premiereは一度に大量のファイルを読み込むと「ハング」してしまい、「破損ファイル」が含まれてしまう。どのファイルが問題を引き起こしているのか、掘り出して切り分ける必要がある。
  • 録画開始時に短いビープ音が鳴る。この音も録音される。これを考慮して撮影する必要がある。
  • Vマウントのバッテリーをロックする際、「デュアルバッテリー」オプションがあるためか、なかなかロックされず、何度か試行錯誤をすることがある。
  • 「L」「RF」、さらには「Z」レンズをカバーするマウントオプションの充実。
  • 将来的には、現在のKineMagの代わりに、あるいはその隣に、CFexpressカードのオプションをカメラに追加することが可能になるかもしれない。メディアの記録規格はそれらのカードに移行しており、価格も時間とともにこなれてくるだろう。

ターゲットユーザーは?

この新しいカメラは、多種多様なプロダクションに適している。つまり、柔軟性を必要とする独立系映画制作者にとって、素晴らしい撮影ツールになると思われる。さて、この新しいカメラは9,999ドル(本体のみ)だが、私個人としては、少し機会を逸しているように思う。ヨーロッパでは、同グランドは、有名で、とても信頼できるsyndicamが代理店になっている。米国では、このカメラは(ようやく)B&Hで見つけることができ、ほぼ世界中で販売されている。もし、このカメラがもっと手ごろな価格であれば、多くの人が初めて同社の製品を手にするチャンスになったかもしれないのに、ある意味、私はこの機会を逃してしまったと思う。

上記動画の情報

  • カメラ キネフィニティ MAVO Edge 6K
  • 撮影モード 6Kオープンゲート/25p/フラットピクチャープロファイル
  • レンズ:SIRUI FF 50mm Eマウントアナモルフィックレンズ
  • フィルター フリーウェルマグネティックVND(ND+ミスト)
  • fylm.aiでグレーディング
  • ライト GODOX ML60
  • 音楽:Epidemicsound
Kinefinity MAVO Edge 6K front
Kinefinity MAVO Edge 6K front. Image Credit: CineD

まとめ

Kinefinityは堅実な撮影ツールを製造しているが、MAVO Edge 6Kもその例に漏れない。もしあなたが「ミラーレス一眼を超える」撮影ツールを求めているのであれば、この新しいカメラはあなたにとって正しい選択かもしれない。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects