リーベックがNX三脚システムを発売

リーベックがNX三脚システムを発売

リーベック(Libec)は、三脚1台とヘッド2台を備えた新しい三脚システムLibecNXを発売した。 Libec NH10およびNH30三脚ヘッドは、フラットベースと75mmボウルのデュアルベースを持ち、最大積載量は4kgと10kg。 またRT20C三脚は、重量がわずか1.6kg、伸縮範囲が37〜154cmのカーボンファイバー製だ。国内に続き、全世界での発売となる。

Libecは70年前から三脚やジンバルなどを製造しており、最近ではTH-G3ジンバルが発売されている。昨年は新型コロナのせいもあってか新製品のリリースは無かったが、今回becNX三脚が発売された。

NH10ヘッドとNH30ヘッド

NX三脚システムは、1台の三脚と2台のヘッド(NH10とNH30)で構成されている。基本的に、両方のヘッドは同じ機能を備えている。 2つの主な違いは、最大積載量とカウンターバランス範囲だ。

NH10の積載量は4kgで、カウンターバランスは0〜2.5kg。 NH30は、0から10kgのカウンターバランスで、最大10kgの積載量。

The Libec NH30. Image credit: Libec

ヘッド部はすべて金属でできている。これらのフルードヘッドは下部に75mmのボールがあり、ベースが平らなので、スライダー/ジブに取り付けることもできる。パン軸とチルト軸の両方に3段階のフリクション設置が選択できる。

Image credit: Libec

パンバーは左右どちらにも取り付けることができ、コントロール/ロックノブは使いやすい。

上部クイックリリースプレートは「ManfrottoおよびSachtlerヘッドと互換性がある。

Image credit: Libec

NH10とNH30には照明付きの水準器があり、暗い状況でも水平が確認できる。

また、三脚の左側には1 / 4-20インチと3 / 8-16インチの取り付けポイントがある。なお、三脚のベースに近いため、カメラのバランスに影響を与えることはない。

Image credit: Libec

RT20C三脚

RT20Cは、グランドスプレッダーまたはミッドスプレッダーを取り付け可能で、75mmボウルを備えたカーボンファイバー製三脚だ。2段式でサイズは37〜154cm。立って撮影する場合は、少し短いかもしれない。

Image credit: Libec

RT20Cは指を挟むといったことは無く、安全に配慮して設計されている。

NX-100MC / NX-300MCミッドレベルスプレッダーとヘッドを付けても重量はわずか3.8 kgで、調整可能なドラッグとカウンターバランスシステムを備えたビデオ三脚では世界最軽量と見なせる。

価格と発売時期

これらの製品は全て現在入手可能で、小棒小売価格はNH10三脚ヘッドが69,000円、NH30は100,000円となっている。 RT20C三脚脚の小売価格は55,000円。下のリンクからフジヤエービックで入手できる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する