ロックサークルがニコンZ6 / Z7 向けZX PROケージを発表

ロックサークルがニコンZ6 / Z7 向けZX PROケージを発表

ロックサークル(LockCircle)は、Nikon Z 6およびZ 7ミラーレスカメラ用の新しいZX PROケージを発表した。ZX PROケージは、取り外し可能な右サイドバーを備えたモジュラー設計で、ハーフケージとフルケージどちらでも使える。多くの取り付けネジ穴とLockPortコネクタセーバーと互換性がある。トップハンドル、マウントサポート、15mmロッドベースプレートも用意されている。

LockCircle ZX PRO CAGE for Nikon Z cameras. Source: LockCircle

ロックサークルはイタリアのカメラアクセサリーメーカー。同社は、多くのカメラ用のケージを開発している。同社はこの度、ニコンのフルフレームミラーレスカメラZ 6およびZ 7用の新しいケージを発表した。

ZX PROケージの特徴

ZX PROケージは、Zシリーズカメラにぴったりとフィットするように設計されている。一体型のケージではなく、複数のネジで固定されたモジュラーケージの構造をとる。 同社はこれを「非対称デザインアプローチ」と呼んでおり、ハーフケージとして提供される。これにより、カメラの右側はカメラ本体のグリップで保持し、操作できるようになっている。

このケージの特徴は、サイドバーを備えた完全なフルケージにアップグレードすることができること。これにより、カメラの右側にも多くの取り付けネジ穴が追加できる。サイドバーはうまくできており、フルケージの状態でもカメラグリップを保持することができる。ケージは航空機グレードのアルミニウム製で、1/4-20と3/8-16の多くのネジ穴があけられている。

Half cage – LockCircle ZX PRO CAGE for Nikon Z cameras. Source: LockCircle

ZX PRO ケージは、HDMI / USB-C /ヘッドフォンとマイクミニジャックを固定するためマルチポートを統合している。 LockPortキット(ポートセーバー)は、マイクロサイズからフルサイズのHDMI出力に対応できる。 ZX PRO ケージベースプレートには、ニコンFTZマウント用に設計されたFTZブロック(調整可能)用のマウントレシーバーがある。また、上部ハンドルも用意されている。

カメラのベースプレートには、2つのカメラ取り付けネジ(1/4および1/4アダプター付き3/8)があり、安全にカメラとケージを固定できる。重いシネマレンズ用の頑丈なベースプレートも用意されている。ケージにはチタングレード5の1 / 4-20ネジが付属している。ユニバーサルシネスタイルのレンズマウント用のマウントプレートとポジティブロックマウントも用意される。

ケージを補完するため、RodRocketチタングレード5 15mmロッドシステムとともに、15mmロッド用のモジュラーベースプレートも提供される。これらの15mmロッドは軽量設計されている。

Full cage – LockCircle ZX PRO CAGE for Nikon Z cameras. Source: LockCircle

また、オプションでチタングレード5のフォーカルプレーンピンも用意されている。 更にユーザーの要望に応じて特別なDura-T(Mil-Spec)ミリタリールックフィニッシュでも作成できる。これらのケージはすべてイタリアで製造されている。

価格と発売時期

現在予約注文が可能。基本的なハーフケージの価格は189ドルから。ただし10月31日までZX PROケージキットの割引価格が適用される。出荷は2019年11月中旬の予定。

フジヤエービックのショップサイト

Nikon Z 6

 

 

Nikon Z 7

 

 

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する