Lupo Superpanel Full Color 30 - ARRI Skypanelの代用になるか?

Lupo Superpanel Full Color 30 - ARRI Skypanelの代用になるか?

LupoはSuperpanel Full Color 30を発表した。Superpanel Full Color 30は高性能で低コストの照明器具のRGBバージョン。 Arri SkyPanel低価格版として企画されている。

Cinema5Dでは以前の記事でLupoのライトを取り上げた。最近では、Superpanel Softのレビューも行った。 RGB /マルチカラーでの映像制作もまた増加している。先の記事「ネオン管からLEDへ - 進化するネオンルック」も参照いただきたい。

Lupoは高出力で大型の1X1(正方形)LEDパネルを製作している。これらは調光可能で、ほとんどのモデルが、バイカラー、AC / DC電源駆動、良好な演色性(96CRI / 98TLCI)を持ち、比較的安価で、かつ軽量だ。

新しいSuperpanel Full Color 30はRGBバージョンで、 Arri SkyPanel S30-Cの対抗品として設計されている。

Skypanelの代用になるか?

Superpanel Full Color 30は2700-10000Kの間でグリーン/マゼンタオフセットを持つ色温度コントロール、およびHSI(色相、彩度と輝度)モードとRGBWを備えている。ストロボ、パーティー、警察車両、ディスコなど、特殊効果やゲルのプリセットもある。

CRIは96で、8または16ビットのDMXモジュールが同梱されている。消費電力は200Wで、14.8VのVロックバッテリーでも使用できる。重さは3.7kgで、標準的な1X1パネルよりわずかに重い。

Skypanelのような業界の最高峰の製品と競合するには、まだ足りない部分もある。しかしSuperpanel Full Color 30は、価格、消費電力、重さなどに関してスペック上はかなり優秀だ。

価格はS30-Cの1/3で、重さは約半分だ。(パワーモジュールを含まない)

重量の軽量化は、頑丈さに影響を与えているのは間違いない。Skypanelsは戦車のように頑丈だ。

消費電力の少なさは多くのユーザーを喜ばせるだろう。Vロックにより、コンパクトな構成が可能になっている。

Skypanelの高品質性はレンタルで使用するプロジェクトには歓迎されるべきものだが、Superpanel Full Color 30の低消費電力、軽量設計、低価格設定などは、オーナーユーザーにとって歓迎されるだろう。

Compatible with existing Superpanel accessories

Output

出力

以下は明るさの仕様。

Lux data for Superpanel Full Color 30

これらの数字は、メーカーによって測定法が異なったりするので、単純に比較するのは難しい。分かりやすくするため、以下のような方法がある。

  • Superpanel Full Color 30は、オリジナルのSuperpanelよりも出力が大幅に低いのに対し、LupoのSupersoft Lineよりもわずかに強力。

すなわち、Lupoラインアップと比較すると、オリジナルのパネルの出力、またはSupersoftのやや柔らかいSupersoftとトレードオフすることになる。

  • 他のブランドと比較して、Superpanel Full Color 30は、10フィートのAstra 3x Bicolor(業界標準の1×1パネル)の半分の明るさであり、Skypanel S30-Cと同等。

さて、Skypanel S30-Cにどの程度迫っているのだろうか?

価格は従来のLupoパネル以下で、1500ドル以下の製品群においてはかなり高機能だ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する