macXvideoコンバーター - 無料のビデオコンバーター

2018.6.6
macXvideoコンバーター - 無料のビデオコンバーター

ビデオをWebに適したフィーマットに変換する場合などは、高度なプロアプリケーションは必要ない。ビデオ変換が簡単にできるmacXvideoを紹介しよう。プロ用コーデックはサポートされていないが、多くの汎用のものは無料で使用できる。

macXvideo

MacXvideoはエントリーレベルのユーザーを対象にしているが、多くの機能を搭載している。

macXvideoトランスコーダーの概要

MacX video Conversterは膨大な数のコーデックやデバイスをサポートし、ビデオファイルをトランスコードするMacアプリケーションで、これを使っているユーザーもおられるだろう。 MacXvideoはこの縮小版とも言えるアプリだが、UIが更新され、クロッピング、マージ、エフェクトなど基本的な編集機能も備えている。

macXvideo

インターフェースは美しく、シンプルで、使い方はすぐに分かるだろう。サポートされているコーデックに関しては、macX Video Converterと比較すると少ないが、macX Video Converter が29.95ドルであるのに対し、macXvideoは無料だ。確かに、有名なMPEG Streamclipのようなアプリはプロコーデックを提供し、より高度な調整や設定ができるが、最新のバージョン1.9.2は2008年10月8日以来更新されていない。Web用など基本的なコーデックだけなら、macXvideoで十分役に立つだろう。

macXvideo

最初に起動すると登録画面が表示されるが、必須ではない。UIは簡単で、ビデオを入力し、希望の出力形式を選択し、フィルター、エフェクト、クロップを設定して出力するだけ。さらに、複数のビデオをひとつのファイルにマージしたり、基本的編集をすることもできる。完成した作品はプレビューして出力できる。実に便利だ。

macXvideo

このアプリケーションはハードウェアアクセラレーションとしてGPUを使用する。これは4K映像のトランスコードでは効果的だ。CPUだけの処理では、膨大な時間がかかってしまう。

まとめ

さて、このようなアプリは本当に必要だろうか?最新のNLEでは、YouTubeやVimeo用にトランスコードして出力する機能は当たり前に装備されている。しかし、既にエンコードされたビデオをトランスコードする場合や、エフェクトやクロップを追加する場合は、macXvideoが便利だろう。

macXvideo

Links: Website

 

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する