MITがソフトウエアのドローンオペレーターを開発

MITがソフトウエアのドローンオペレーターを開発

ドローンでの撮影ミスや事故の最も一般的な原因は、依然として人為的なものだ。そこで、ドローンでの撮影に人間が関わらなくする研究が進んでいる。 MITでは、ソフトウェアによるドローン操縦を開発している。

software drone operator

credit: Kaleb Kendall | unsplash.com/@kalebart

ソフトウエアのドローンオペレーター

空撮の状況はここ数年で大きく変わっている。従来、空撮は大変なことだった。ヘリコプターと専用のスタビライザーシステムが必要だった。パイロットを雇い、ガソリンや空港使用料も必要だったのだ。

今日では、個人レベルでこれを行うことができる。必要なものは、小さなドローンだけだ。セットアップに応じて、小さいものや大きなドローンを選択できる。必要に応じてドローンオペレーターとジンバルオペレーターを手分けして行うこともできる。これにより、数十年にわたって行われてきたヘリコプターでの空撮に迫る映像を撮ることができるようになったのだ。

しかし、ヒューマンエラーは常に隣りあわせだ。そこでMITの研究者はドローンの操作に革命を起こすことを目指している。彼らはソフトウェアによる無人オペレーションを開発した。以下はそのビデオだ。:

A

ご覧のとおり、これはまだコンセプトの段階だが、既に動いている。この「空撮のためのリアルタイムモーションプランニング」システムは、ドローンをリアルタイムで操作することとは少し異なり、撮影前に以下のようなショットのパラメーター入力を必要とする。

  • 被写体のフレーム内での幅や、大きさは?
  • 被写体のフレーム内での位置は?
  • どれくらいの視野角か?
  • 被写体の数は?

これらの設定は、ドローンが飛行中でもリアルタイムに変更することができ、システムは、自動的に障害物を回避する。 MITの研究員Alonso-Mora氏によると、このシステムの肝は、

ドローンの飛行中のすべての動いているオブジェクトの速度を継続的に推定し、その位置を1~2秒で予測することができます。これにより、少しの時間で最適な飛行軌道を計算し、ドローンが衝突を回避する必要がある場合、それも含めて軌道計算を行います。

システムは、その位置計算を毎秒約50回行う。

進捗

このソフトウェアによる無人操縦を研究しているチームは、正常に動作するためには、まだ鮮やかな色のシャツのようなはっきりとした被写体である必要がある。しかし、このような制限もいずれ解決されるだろう。

もちろん、このシステムはまだまだ完全ではない。たとえば、スーパーワイドショットからタイトなショットに滑らかに移行するような複雑なショットはどうだろうか? あるいは、俳優の回りを先回するようなショットはどうだろうか? MITの研究者はまだそれほど多くは無いが、彼らは確かに前進しており、徐々に結果を出しつつある。

software drone operator

credit: Kaleb Kendall | unsplash.com/@kalebart

DJI MavicのようなDronesには、すでに障害物回避、オートフォロー、自動クリアランスなど、多くの自律システムが搭載されている。 MIT研究者によって開発されたこのソフトウェア無人オペレーターシステムは、複雑さに関しては一歩先を行くものだが、製品に反映されるのはまだまだ先のことのようだ。

Source: The Verge | MIT

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する