MOZAがスマートフォン用ジンバルMini MXを発表

2020.7.12
MOZAがスマートフォン用ジンバルMini MXを発表

MOZAがスマートフォンジンバル、 MOZA Mini MXを発表した。最大耐荷重は280gで、手のひらに収まり、折りたたんだときのサイズはわずか75 x 50 x 170mmだ。また、 MOZA Mini MXは89.00ドルと安価。

主な特徴

MOZA Mini MXは、MOZA Mini-Sの後継のスマートフォンジンバル。最大耐荷重は280gで、iPhone 11 Pro MaxやSamsung Galaxy S20 Ultraなどを搭載できる。

MOZAMiniMX_03

Image credit: MOZA

Mini MXは折りたたむとサイズはわずか75 x 50 x 170mmと非常にコンパクトになる。重量は412gで、常に持ち歩くことができる。使用する場合はスマートフォンをジンバルの上部に取り付け、ハンドグリップのボタンで電源を入れるだけだ。

2000mAhのバッテリーが内蔵されており、バッテリー持続時間は約20時間。側面のUSB Type-Cポートを介して2.5時間でMini MXを充電できる。

MOZAMiniMX_02

Image credit: MOZA

MOZA Mini MXはBluetooth経由でスマートフォンに接続できる。これは、iOSおよびAndroidデバイス対応のMOZA Geniaアプリ、またはスマートフォンの内蔵カメラアプリを使用する。

ハンドグリップにはオン/オフボタン、パン/チルト/ロールモーターを制御するジョイスティック、モードの変更やカメラ設定の調整を行うプラス/マイナスボタンなどがあり、ジンバルをコントロールできる。また、オン/オフボタンは写真/ビデオのRec On/Offボタンとしても機能し、3回押すと、横長モードと縦長モードが切り替わる。

MOZAMiniMX_04

The trigger button and 1/4-20″ mounting thread. Image credit: MOZA

ジンバルを握ると、インデックスの下に別のトリガーボタンがあり、ジンバルの位置をリセットすることができる。最後に、 MOZA Mini MXの底辺には1 / 4-20インチの取り付けネジがあり、必要に応じて、三脚や自撮り棒にジンバルを取り付けることができる。

MOZAMiniMX_05

Magic Mode is available in the MOZA Genie App. Image credit: MOZA

MOZA Genieアプリ

MOZA Genieアプリも用意されており、ビデオの撮影と編集用テンプレートを備えたマジックモードも使用できる。このモードを使用したくない場合は、手動で記録および編集することもできる。

MOZAMiniMX_08

Image credit: MOZA

また、タイムラプスモード、スローモーションモード、ファストトラッキングモード、インセプションモード、スポーツギアモード、めまいショットモードなど、さまざまなクリエイティブな撮影モードを使用できる。

MOZAMiniMX_07

Image credit: MOZA

高速追跡モードは被写体を自動的に追尾し焦点を合わせる。この機能は、ジンバルを三脚/スタンドに固定して撮影する場合に便利。

MOZAMiniMX_06

Image credit: MOZA

MOZA Genieアプリはスマートジェスチャーコントロールもサポートしており、ジェスチャーで録画を開始/停止できる。

MOZAMiniMX_01

Image credit: MOZA

価格と発売時期

MOZA Mini MXは現在$ 89.00で入手できる。充電ケーブル、ミニ三脚、収納ポーチ、リストラップ、ユーザーマニュアルが付属する。

 

関連商品

 

MOZA Slypod 2in1 電動式 カメラスライダー&モノポッド

MOZA AirCross 2 スタビライザー

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment