Music VineがAutoClearを発表 - YouTubeでの著作権処理が簡単に

Music VineがAutoClearを発表 - YouTubeでの著作権処理が簡単に

人気のストックミュージックサービスMusicVineは、AutoClearと呼ばれる新機能をリリースした。この機能は、YouTube動画の著作権侵害の申し立てを、発生から数分以内に自動的に検出してリリースする。この機能はまだ全ての楽曲で利用できるわけではないが、同社はできるだけ多くの楽曲を含める予定。

コンテンツクリエーターにとっては良いニュースだ。YouTubeで映像を発信する場合、特にBGMの著作権に関して、常に注意する必要がある。

Music Vine AutoClear
image credit: Music Vine

YouTubeのアルゴリズムが著作権で保護された素材を検出した場合、ライセンスを購入したとしても、その曲を合法的に公開する権利があることを証明しなければならない。 Music Vine AutoClearは、そのための新機能だ。

Music Vine AutoClear

著作権侵害の警告を受けたクリエーターもおられるだろう。ライセンスを購入して適切な権利を持っている場合でも、すべての事務処理が完了するまで、問題のビデオはロックされたままになる。 Music VineAutoClearは、これらの著作権侵害の申し立てはバックグラウンドで自動的に処理されるため、その必要はない。このアプローチでは、申し立ての発生を防ぐことはできないが、AutoClearは数分以内に申し立てをクリアする。

サポートされているトラックの場合、AutoClearシステムは2つのソリューション(以下を参照)を提供して、公開YouTubeビデオの著作権侵害の申し立てを自動的に検出してリリースする。つまり、著作権侵害の申し立ては、動画が公開されてから15分以内にリリースされる(動画が非公開に設定されている間も、申し立ては引き続き存在する)。

Music Vineには、これを実現する2つの方法がある。1)YouTubeチャンネルをホワイトリストに登録する方法、または2)特定の動画のAutoClearコードだ。これは、たとえば、単一のYouTubeチャンネルだけでなく、多数のクライアントと連携している場合に適したソリューションだ。

特定のYouTubeチャンネルをホワイトリストに登録する

この方法では、「AutoClear Channel Whitelist」の下のMusicVineアカウントに目的のYouTubeチャンネルを追加する必要がある。今後、著作権の申し立てはMusic Vine AutoClearによって自動的に処理される。注:AutoClearホワイトリストを使用するには、MusicVineで少なくとも1回購入している必要がある。

Music Vine Catalog
image credit: Music Vine

Music Vineで利用可能なすべての楽曲がこの新しいAutoClear機能の対象ではないため、ライセンスを提示することで、古い方法でクレームを解決する必要がある場合も残っている。しかし、Music Vineは、この新しくて非常に便利な機能をできるだけ多くのトラックに対応させる予定。ただし同社は、この点でアーティストと交渉し、レーベルを録音しなければならないので、時間が必要になる。

AutoClearコードの使用

2番目のアプローチは、動画の説明に埋め込むことができる、固有のいわゆるAutoClearコードを使用すること。

AutoClearコードはYouTube動画の説明に含めるだけでよく(動画を公開する前にこれを行う)、著作権侵害の申し立ては通常15分以内に自動的に解除される。 AutoClearコードは各トラックライセンスに固有であり、一つのコードはひとつのビデオに対してのみ機能する。

サブスクリプションのユーザーは、サポートされているトラックのライセンス供与後に表示される[Generate AutoClear Code]ボタンをクリックして、AutoClearコードを取得できる。 Pay-Per-Useライセンスの場合、注文概要のアイコンをクリックしてAutoClearコードを生成できる。

価格

新機能は無料だが、もちろん、MusicVineから使用する音楽のライセンス料を支払う必要がある。従量制とサブスクリプションベースの両方の支払い方法がある。

こちらのMusicVinesWebサイトで価格を確認できる。

AutoClea green tick icon
Note the green tick icon. Image credit: Music Vine

Music Vineカタログを参照すると、この新しいAutoClear機能の対象となる各楽曲は、その横にある小さな緑色の円形のチェックマークアイコンで識別できる。

Link: Further Reading
featured image credit: background photo by Lee Campbell on Unsplash / screen content by Music Vine. Editing: CineD

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する