ズノーワイドコンバージョンレンズ -固定レンズカメラ用 4K対応も

2016.9.16

日本で製造しているレンズ周辺機器メーカーのズノー(Zunow)が最新のワイドコンバージョンレンズを発表した。WCX-100は主に固定レンズのビデオカメラに向けて企画されている。

2/3インチや1インチのセンサーを使った固定レンズのビデオカメラでは、ワイド化は簡単ではない。そこで外側にワイドコンバージョンレンズを装着するのが一般的だ。ズノーは5本のワイドコンバージョンレンズをラインアップするが、低歪曲で0.8倍のワイド化が可能。なお、このビデオはWCX-100を紹介している。

WZX-100はカメラのフルズーム帯域で使用可能で、ENGなどニュース取材で威力を発揮する。

WFK-95は唯一4Kに対応するワイドコンバージョンレンズで、パナソニックのDVX200などにベストフィットし、0.8倍ワイド化する。フィルターサイズは72mmで全長は35mm。

その他のラインアップは以下の通り。

  • WCX-80は 8倍の62/72mmレンズ用ワイドコンバージョンレンズ
  • WCX-100は8倍の72/77/82mmレンズ用ワイドコンバージョンレンズ
  • WCX-200は8倍のソニーEXバヨネットマウント用ワイドコンバージョンレンズ
  • SWA-06は6倍の72/82mmレンズ用ワイドコンバージョンレンズ

上記モデルは既に発売済み。(海外) 価格は$449より(海外)

ズノーのサイトはこちら

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する