OpremaがPre-WWII Biotar 75mm f1.5を復活

OpremaがPre-WWII Biotar 75mm f1.5を復活

ドイツの光学機器メーカーOpremaは、Biotar 75mm f1.5ヴィンテージレンズを復活させ、Kickstarterに登録している。

Biotar 75mm

オリジナルのBiotar 75mmは、1930年代に東ドイツのJenaで生産されていた。プレミアムプライスだったにもかかわらず、特徴的な渦状のボケにより、多くの写真家に人気があった。

現在ではM42マウントのオリジナルレンズのコピーを手に入れることができるが、かなり高価だ。さて、Meyer Optik glassの経営者Stefan Immes氏は、KickstarterにBiotar 75mmのキャンペーンを登録した。下記のプロモーションビデオをご覧いただきたい

Oprema Biotar 75mmのKickstarterキャンペーンは、元来の75,000ドルの目標を大幅に上回る544,000ドル以上を集めて大成功となった。

Opremaは、Biotar 75mm f1.5の生産のため、日本のレンズメーカートキナと協力している。この新製品は、オリジナルの光学特性を維持しながら、現代のカメラとの互換性を可能にしており、キヤノン、ニコン、ソニーE、ライカM(レンジファインダーカップリング対応)、富士フイルムX、M42、ペンタックスKの各マウントが用意される。

技術仕様

  • 焦点距離:75mm
  • 絞り:f1.5-f16
  • 4群6枚レンズ構成
  • 絞り羽根:15枚
  • 視野角:+/- 19°
  • 最短合焦距離:0.8m
  • フィルター径:58mm
  • 寸法:65mm x 80mm
  • 重量:520g

Oprema Biotar 75mm f1.5は、光学的な完成度というよりも被写体の表現を重視したレンズだ。低照度下での動画の画質については、以下のビデオをご覧いただきたい。

Oprema Biotar 75mmは現在製造に向けて準備中であり、2018年1月に出荷、6月には世界的に発売される予定だ。 Opremaはまた、Biotar 58mm f2の復活も計画しており、今後が楽しみだ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する