広告

pCloudが7月4日スペシャルで大幅な割引を実施

pCloudが7月4日スペシャルで大幅な割引を実施

pCloudは、ライフタイムプランを最大80%値下げした「4th of July Specials」を提供している(キャンペーンは7月6日まで)。同社はクラウドストレージプロバイダーで、GDPR対応や素晴らしい機能を備えた500GBから10TBのプランを提供している。

スイスのクラウドストレージプロバイダーpCloudは、最高級の機能、月額プランとライフタイムプランの競争力のある価格、そして魅力的なセキュリティ機能を提供している。また、MZed Proのメンバーは、30GBのpCloudストレージを無料で利用できる。

レビューはこちら

  • 自動増分バックアップ(Backblazeのような)
  • フォルダの同期(Dropboxのような)またはマウントされたドライブ
  • 最大1年前のファイル復元
  • フォルダ共有、ファイルリクエスト、パブリックリンク共有
  • アップロードとダウンロードの速度が無制限
  • 外部同期(Dropbox、Instagram、Facebook、Onedriveなど)
  • 標準的なTSL/SSL暗号化
  • オプションで256AES暗号化、クライアントサイド暗号化、ゼロ・ナレッジ・プライバシーを追加可能
  • GDPR対応
  • データ地域の選択
  • 年間プランとライフタイムプラン
  • 個人、家族、ビジネスプラン
  • Windows、Mac(Intel & M1)、iOS、Android、Linux向けアプリケーション

セキュリティ、プライバシー、カスタムブランディング

pCloud 4th of July Specialの中で最も目を引いたのは、セキュリティとプライバシーに関する機能だ。B2Cの製品で、データ地域の選択、つまりデータが物理的にEUかUSのどちらに保存されるかを選択できるような機能を提供しているものはほとんどない。これには、法的な影響も伴う。
GDPRへの準拠は、プライバシーに敏感なユーザーを安心させるもう一つのポイントだ。ユーザーは、忘れられる権利、自分のデータがどのように使用されているかを知る権利、違反の通知を受ける権利を有している。どこであろうと、これらは今の時代、当たり前のことだ。

pCloud Branding options
pCloud branding for shared folders. Source: pCloud


もう一つ、個人的に他のクラウドストレージソリューションで出会ったことのないポイントは、共有フォルダのカスタムブランディングだ。これは、カバー画像、ロゴ、プロフィール画像を設定することで、顧客に成果物を提示したり、見込み客にワークサンプルを提示したり、チーム内で共有したりすることができる。これは、pCloudを明らかに差別化するものだ。

pCloudの7月4日特別割引

Here are the reduced prices, which are part of the pCloud 4th of July Special:

これらはすべて1回限りの支払いとなる。このキャンペーンはすでに始まっており、7月6日まで実施される予定。

キャンペーンの概要はこちら

pCloud has a promotion going for 4th of July, ending on July 6th.

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手