Picture InstrumentsのLUT Mixer - NLEにプラグインできるLUTツール

Picture InstrumentsのLUT Mixer - NLEにプラグインできるLUTツール

Picture Instruments社は、Color ConeImage 2 LUTなどを発売しているが、新たにAdobe Premiere ProAfter Effects、およびFinal Cut Pro X用のLUTツール、LUT Mixer をリリースした。

Logでの撮影は今や一般的だ。 Log撮影ができるカメラが各社から発売されており、これをサポートするモニターなどの機材も増えている。それに従い、ポストプロダクションでのカラーグレーディングをサポートするLUTツールも発売されている。 LUT MixerはNLEに組み込んで使用するプラグインだ。

Logからグレーディングするツール

Logを使って撮影する場合、Rec.709やHDRカラースペースに変換する必要があり、このときLUT(Look Up Table)を適用する必要がある。Log映像のままでは、映像はリニアカラースペースにあり、コントラストや彩度が低いプレーンな映像のままだ。これに好みのグレーディングを行い、適切な映像にする。

プロジェクトや映像によっては、標準的な映像に戻す「テクニカルLUT」に加え、「アーティスティックLUT」を当てる場合もある。”芸術的なLUT”は極端な補正の場合があり、調整する必要がある。 DaVinci Resolveでは、多くのLUTツールが発売されており、柔軟なグレーディングをすることができるが、Premiere Pro、After Effects、あるいはFinal Cut Pro Xでは、最適なツールが少なく、作業に時間がかかる場合もあった。

LUTMixer

簡単にLUTを使う

この問題を解決するため、Picture InstrumentsはLUT Mixerを開発した。 Premiere Pro、After Effects、およびFinal Cut Pro X用のシンプルなプラグインとして開発されており、最大5つのLUTを組み合わせて、同時に画像に適用することができる。LUT Mixerのすばらしい点は、各LUTを個別に調整できるところ。画像上の各LUTの効果をプラグイン内で確認することができる。

もちろん、Premiere ProとAfter Effectsでは、プラグインを使用せず、Lumetri Colorの複数のインスタンスを使用して、必要な数のLUTを適用することができる。しかし、LUTの各インスタンスを行き来し、各LUTの調整を「する必要があるので、非常に時間がかかってしまう。 Final Cut Pro Xでも同様だ。

LUTMixer

LUT Mixerをプラグインすることにより、LUT処理をより簡単に、かつ効果的に行えるようになる。

LUT Mixerは、既にPicture Instrumentsのサイトで販売されており、AdobeとFinal Cut Pro Xのライセンスは$ 47、またはバンドルで$ 66となっている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する