広告

RØDEがLavalier IIを発表

RØDEがLavalier IIを発表

オーディオ専門メーカーのRØDEは、Lavalier IIを発売した。新しいロープロファイルデザインを採用し、プログレードのラベリアマイクに求められるすべての機能を備えている。

新しいRØDE Lavalier IIには、いくつかの巧妙なデザイン上の仕掛けが施されている。しかし、この新しいマイクの薄型デザインは、長年にわたって業界標準であった(そしておそらく今も)クラシックなTRAM TR50ラベリアマイクを彷彿させる。

オリジナルのRODE Lavalier GOはかなりかさばっていたが、今でははるかに小さなマイクとなった。

RODE Lavalier II
image credit: RØDE

RØDE Lavalier II

RØDE Wireless GO IIのようなコンパクトなシステムは全く問題ないが、GOのマイク/トランスミッターを話者に取り付ける場合は少し大きいと感じることがある。内蔵マイクの代わりに適切なラベリア・マイクを入れたいのであれば、RØDE Lavalier IIは検討する価値があるだろう。

標準的な3.5mm TRSロック式コネクターが付属しているので、RØDE製品に限らず、ほとんどのオーディオトランスミッター(またはTRS – TRRS / USB-CまたはLightning – 3.5mmアダプターを使用したスマホ)で使用できる。クラシックな無指向性のポーラーパターンは、話者の声を捉えるのに最適で、アクセサリーキットには、マウントクリップ、ポップフィルター、ミニウィンドシールド、さらに複数のマイクを使用する場合はカラーIDリングが含まれている。

  • 薄型のデザインとコンパクトなマウントクリップ
  • フラットな周波数特性と無指向性の極性パターンにより、放送レベルの音質を実現
  • 3.5mm TRSロック式コネクター
  • アクセサリーキット:ポップフィルター、ミニファーウィンドシールド、マウントクリップ、カラーIDリング、ジップケースを同梱

音響原理:Permanently Polarized

アクティブエレクトロニクス JFET インピーダンスコンバーター

ポーラーパターン 無指向性

カプセル:6mm

周波数帯域:20Hz〜20KHz

出力インピーダンス:2K2Ω

信号対雑音比:67dB

等価雑音レベル(A-weighted):27dBA Typical

最大SPL: 106 dB SPL RMS (プラグインパワー, 1% THD) / 120 dB SPL RMS (プラグインパワー, 10% THD)

最大出力レベル: 50mV (@ 1kHz, 1% THD in 1KΩ load)

感度: -38 dB re 1 Volt/Pascal (12.59 mV @ 94 dB SPL) +/- 3 dB @ 1kHz

ダイナミックレンジ 79 dB(代表値)

電源要件 1.8V〜5Vプラグイン電源

重量:9g

ケーブル長:1200mm

ちょっと不思議に思うのは、RØDEが自社製品のクリップにブランド名を印刷し続けていることだ。Wireless GO(I、II)ではクリップにロゴが入っていたが、今回のLav Micでもクリップに白いブランドロゴが入っている。このマイクは、”目立たず、簡単に隠すことができる “と同社が述べているだけに、ちょっとやりすぎなきがする。黒く塗られた無地のクリップの方がずっと良いだろう。

RODE LAvalier II
included accessories. Image credit: RØDE

新しいLavalier IIにはフラットケーブルが付属していて、服に装着することが簡単にできるようになっているのは、良いアイデアだ。この新しいラベリアマイクが実際にどのように聞こえるかはまだわからないが、RØDEは普段からしっかりとした品質の製品を提供しているので、価格も含め納得の製品だろう。

RØDE Lavalier IIは99ドルで販売されている。

Link: RØDE

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する