ローランドがR-07を発表 - 超小型オーディオレコーダー

ローランドがR-07を発表 - 超小型オーディオレコーダー

ローランドがR-07を発表した。これは、ミュージシャンや映像クリエーターのために設計された超小型のオーディオレコーダー。小型軽量設計で、気軽に高音質の録音ができる。

オーランドR-07の概要

R-07は、61 x 26 x 103 mmの超小型オーディオレコーダーで、電池を含めた重量は150グラムとスマートフォンよりも小さく軽いくらいだ。音質や使い勝手にこだわるならスマートフォンに録音するよりも良い選択肢だろう。専用のレコーダーをいつも持っていると、気軽に高音質の録音ができる。

RolandR07_01

ローランドR-07は、2本の全指向性マイクを備えているが、レコーダーの下部に3.5mmのジャック入力があり、ラベリアマイクなどの外部マイクを使うこともできる。なお内蔵マイクと外部マイクを同時に使用することはできない。

電源は2本の単三電池を使用し、約15時間動作させることができる。ユニットの右側にはマイクロUSBポートが設けられている。

記録した音声はマイクロSD(SDHC互換)カードに保存されるが、下の表のように種々のフォーマットで記録することができる。

RolandR07_02

直感的な操作性

操作は、フロントパネルの小さなモノクロディスプレイ(128 x 64 mm)で行う。録音ボタン、再生コントロール、マイク入力ゲイン、ヘッドフォン出力レベル、メニュー/シーン/マーク/ A / B /リハーサルボタンがある。

シーン機能を選択すると、R-07はサンプルレート、レコードモード、リミッター、ローカット、入力レベルなどを自動的に理想的な設定に調整する。もちろん、必要に応じて設定を変更し、また保存することもできる。

RolandR07_03

Roland R-07 inputs and outputs ports

ワイヤレス機能

ローランドR-07は、Bluetoothを内蔵しており、スマートフォン、スマートウォッチ、あるいはBluetoothスピーカーとワイヤレスで接続することができる。この機能を使用するには iOSあるいはAndroidスマートフォンでR-07 Remote Appをダウンロードする必要がある。これを起動することにより、レコーダーのBluetoothがオンになる。

スマートフォンやスマートウォッチからR-07をリモートコントロールすることで、R-07を最適なポジションに置いて、離れた位置から録音や再生を行うことができる。また、ワイヤレスヘッドフォンやBluetoothスピーカーを接続すると、録音された内容を聞くことができる。

フルレベルと少し低レベルでの録音を同時に行うデュアル録音モードや、ハイブリッドリミッターが装備されている。これにより、メインレコーディングでクリッピングが発生しても、問題個所を低いレベルのバックアップレコーディングで置き換えることができる。ハイブリッドリミッターは録音レベルのコントロールを自動的に行う。

なおカラーバリエーションとして黒、赤、白の選択ができる。

 

RolandR07_04

価格と発売時期

ローランドR-07はアマゾンで24,800円で入手可能。なお、Tascam DR-05Xは12,360と安価だがR-07より大きく、ワイヤレス機能も搭載していない。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する