Saramonic(サラモニック)がBlink 500 Proワイヤレスマイクロフォンキットを発表

Saramonic(サラモニック)がBlink 500 Proワイヤレスマイクロフォンキットを発表

中国のオーディオ機器メーカー、Saramonic(サラモニック)は、新しいBlinkProワイヤレスマイクキットを発表した。「BlinkProProfessionalシリーズ」は、「Blink500」シリーズに追加される。

ビデオのオーディオクォリティは、ビデオのそれと同じくらい重要だ。BlinkProは、オーディオクォリティの向上に貢献する。

オーディオがビデオ作品を左右する

例えば、映像では欠陥(粒子、フレア、スライディングフォーカス)と思われるものでも、エフェクトとして使われる場合がある。これらの不要効果は、本来意図されていなかった場合でも、創造性に好影響を与える場合がある。

しかし、オーディオの欠陥は救いようがない。

インタビューやビデオ会議などでは、マイクを使用するだけでオーディオクォリティを格段に向上させることができる。SaramonicのBlink 500Proワイヤレスマイクは、手軽にオーディオクォリティを上げることができる。

The Blink 500 Pro B2 in Action
The Saramonic Blink 500 Pro B2 Kit. Image Credit: Saramonic

Saramonicは、Blink 500 ProB1とBlink500 ProB2の2つのキットを発売した。手頃な価格のワイヤレスシステムの多くは、2.4GHz Wi-Fiを使用してオーディオ信号を送信する。近距離伝送の場合、このシステムは優れており、使いやすく、高品質のサウンドを可能にする。

Blink 500 Pro B1 Kit

送信機には-39dBの感度を持つ全方向性マイクが内蔵されている。送信機はシャツや衣類にクリップで留めることができ、付属のプロ仕様のラベリアマイクを使用する場合はベルトに付けることもできる。マイクレベルまたはラインレベルの入力とOLEDディスプレイを備えている。

The Transmitter is small and light
Saramonic Blink 500 Pro Transmitter. Image Credit: Saramonic

レシーバー(RX)は、モノラル/ステレオ出力設定を備えている。これにより、1つの送信機から両方のチャネルへ(モノモード)、または2つの送信機から別々のチャネルへ(ステレオモード)録音できる。レシーバーはヘッドフォン出力、OLEDディスプレイを備えており、スマートフォンやカメラなどに、3.5mmジャックで、TRSあるいはTRRS出力ケーブルで接続できる。

レシーバーは、2つ目のBlink 500 Pro TXトランスミッターを使用する場合、各話者からの音声を録音する。これは、追加のトランスミッターは別売となっている。

レベルコントロール付きの3.5mm出力があるため、カメラにヘッドホン出力がない場合でも、リアルタイムでモニターできる。 (モニターされているのは実際に録音されたオーディオではないが、大きな解決策ではある)。

また、最大8時間のバッテリー持続時間、100mの受信範囲、および静電気やドロップアウトを回避するための自動チャネル切り替えも可能だ。

キットには、1200mAhのポータブル充電機能付きキャリーケースも含まれている。充電ケースのワンタッチペアリングにより、メニューやチャンネル設定不要で、送信機と受信機を同期させることができる。

Blink 500 Pro B2 Kit

B2はB1キットのすべての機能を共有しているが、送信機がもう一つ同梱されている。 2人の話者がいる場合、これは大変便利だ。

Saramonic Blink 500 Pro B2 Charging Case
Saramonic Blink 500 Pro B2 Charging Case. Image Credit: Saramonic

このキットは、2000mAhの容量と3つの送受信機が収納できる充電ケースも付いている。

価格と発売時期

Blink 500 ProB1とBlink500 Pro B2はどちらも、アマゾンでそれぞれ21480円と29,880円で購入できる。

まとめ

どちらのキットにも、ラベリアマイク、ジャマー、ケーブルなど、録音に必要なものがすべて同梱されている。

Blink 500 Proワイヤレスマイクトランスミッターには、ライン信号を入力することもでき、他の用途に使用することもできる。たとえば、ミキサーからトランスミッターにプログラムをフィードし、ディレクターのヘッドホンに付けたレシーバーに飛ばすといった使い方も考えられる。

Saramonic Blink 500 Pro Transmitter. Image Credit: Saramonic
Saramonic Blink 500 Pro Transmitter. Image Credit: Saramonic

2.4GHzワイヤレスシステムは注意点がある。送信範囲は広くなく、多くのWi-Fiネットワークで飽和状態にあるエリアで使用するとさらに狭くなる可能性がある。したがって、ワイヤレスシステムを使用する場合は、このことに注意する必要がある。

受信機と送信機の両方にUSBコネクタがあり、カメラや外部バッテリーから電力を供給できる。残念ながら、これはUSB-CではなくミニUSB端末のようだが、これは少し奇妙な選択だ。

同社のウェブサイトはこちら

 

関連商品






Saramonic Blink 500 B1 TX+RX 2.4GHzマイクロワイヤレスラバリアシステム カメラマウントデュアルレシーバー付き



 

カメラスマートフォン用の新しい2.4 GHzワイヤレスマイクシステム、サラモニックBlink500超コンパクトデュアルチャネルマイク、DSLR、ミラーレスおよびビデオカメラ、モバイルデバイスYoutube Facebook Live (TRS&TRRS)

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する