ShapeがACツールキット・ユーティリティーベルトを発売

ShapeがACツールキット・ユーティリティーベルトを発売

Shapeは、映画やテレビの撮影現場で働くスタッフの多様なニーズに対応するために設計された、新しいACベルトとポーチツールキットを発表した。

シェイプの新しいユーティリティベルトはただのベルトのように見えるが、実は映像クリエーターのためのベルトだ。

ACや映像クリエーターのためのデザイン

このベルトは耐久性のあるナイロン製で、91cmから121cmまでの大きなウエイトに対する耐久性と強度を備えている。また、クイックリリースバックルを採用し、ベルトの着脱を容易にしている。一般の職人は昔からバックルを使っていたが、映像関係者はクイックリリースが好みなので、このような形にしている。

さらに興味深いのは、ベルトに装着するアクセサリーポーチだ。ACなどのために、ループやポーチのサイズが複数用意されており、ドライバーやフォローフォーカスディスク、小さなアダプターの腕輪など、あらゆるものを簡単に収納することができる。映像クリエーター用のツールベルトの特徴は、無限の可能性を持つツールの形状とサイズをサポートする必要があることで、SHAPEは開発過程でこの事実を念頭に置いていたようだ。

MOLLE規格を採用

ベルトキットには、MOLLE(MOdular Lightweight Load-carrying Equipment)システムのアタッチメントが数多く採用されている。この規格は多くの軍用装備に見られるもので、着脱には時間がかかるが、少なくとも硬い金属やプラスチックのパーツを必要としない、軽くて頑丈なアタッチメントだ。

A tough quick-release clip keeps the belt held secure. Image credit: Shape

同社はこれまでにも、スマートフォン用ハンドグリップサポートなど、シンプルで省力的な撮影現場用ツールをリリースしてきたが、これは撮影現場のプロのための非常に専門的な機器だ。多くのインディーズ作品には必要ないかもしれないが、プロの映画撮影現場のスタッフなら、これがあれば、すべての機材を常に身につけておくことができる。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience