広告

SHAPEがEOS C70用ケージを発売

SHAPEがEOS C70用ケージを発売

SHAPEは、キヤノンEOSC70用のケージとアクセサリーを発売した。このシステムの中心は、着脱可能なボトム、サイド、トッププレートのモジュラーケージで構成されている。上部には、モニターマウント、HDMIポートプロテクター、15mm軽量ベースプレート、およびVマウント/ゴールドマウントピボットバッテリープレートを備えたトップハンドルを取り付けることができる。

EOS C70は、2020年9月に発表された。このカメラは、アクセサリーを付けなくてもすぐに使えるが、外部モニター、EVF、マイク、ワイヤレス送信機などを接続する場合は必要になる。

SHAPEはカナダのアクセサリーメーカーで、Kondor BlueWooden CameraZacutoに続き、C70のアクセサリーラインナップを発表した。

Image credit: SHAPE

SHAPEのEOS C70用ケージ

このケージは、ボトムプレート、サイドプレート、トッププレートの3つのパーツで構成されている。すべての部品はCNC機械加工されたアルミニウムで作られている。.

The top plate. Image credit: SHAPE

EOS C70のトッププレートは、カメラ本体の上部にフィットし、ネジでカメラのコールドシューに取り付ける。 Arri標準の回転防止穴を備えた複数の1 / 4-20 “および3 / 8-16″取り付けポイントがある。

トッププレートには、カメラのセンサーピンを再配置するためのネジ穴もある。カメラに付属のネイティブハンドルを取り付けたい場合は、プレートの中央にステンレスのシューがある。

Image credit: SHAPE

トッププレートの右側には、アクセサリーの取り付けに使用できるオフセットコールドシューがあるが、カメラに付属のネイティブマイクブラケットにも適合する。

Image credit: SHAPE

サイドプレートは、2本のネジでトッププレートとボトムプレートに取り付けられるが、カメラの入出力ポートやボタンと干渉することは無い。サイドプレートには、ARRI標準の回転防止穴を備えた1 / 4-20インチおよび3 / 8-16インチの取り付けポイントがある。

Image credit: SHAPE

ボトムプレートは、2本の1 / 4-20インチネジを介してEOS C70に取り付ける。クイックリリースプレートを取り付けるための複数の1 / 4-20インチおよび3 / 8-16インチの取り付けポイントがある。

Image credit: SHAPE

ケージには、底板に直接ネジで固定する着脱可能なHDMIポートプロテクターが付属している。外部記録する場合や、フィールドモニターやファインダーを使用する場合は、フルサイズのHDMIを保護できる。

Image credit: SHAPE

トップハンドル

ケージと着脱可能なトップハンドルが付いたキットも用意されている。トップハンドルには、三角形のベースを3本のネジでトッププレートに取り付ける。これはトッププレートとハンドル間で頑丈で安全なマウントを提供する。

Image credit: SHAPE

ハンドルにはSHAPEのプッシュボタンテクノロジーが採用されており、ボタンを押すだけでハンドルをすばやく簡単に360°回転させることができる。ハンドル自体の底部は、カナダのメープルで作られた木製のフィンガーグリップが付いている。

取り付けポイントは、上部ハンドルに複数の3/8 “-16ARRIスタイルのねじれ防止アクセサリスレッドがある。上部ハンドルの前面にはコールドシューがあり、付属のバネ仕掛けのコールドシューフットを取り付けられる。

Image credit: SHAPE

このバネ仕掛けのコールドシューフットには、チルトできるモニターマウントが付属している。最大1.8kgの1 / 4-20インチアクセサリを取り付けることも可能。EVFを上部ハンドルに取り付けたい場合は、コールドシューから15mmのロッドアダプターを使用することもできる。

Image credit: SHAPE

軽量ベースプレート

カメラのオプティカルセンターに一致する15mmの軽量ベースプレートも用意されており、マットボックス、フォローフォーカスなどのアクセサリーは正しい高さにセットできる。 15mm LWベースプレートは、4本のネジでSHAPEボトムプレートに取り付けられ、12インチ15mmロッドのペアが付属している。

Image credit: SHAPE

15 mm LWベースプレートの下部には、三脚やクイックリリースプレートに取り付けるための複数の1/4 “-20および3/8” -16取り付け穴がある。

Vマウント/ゴールドマウントピボットバッテリープレート

外部バッテリーでカメラやアクセサリーに給電する場合、Vマウント/ゴールドマウントピボットバッテリープレートが用意されている。

現時点では、これらに関する情報はほとんどが、バッテリープレートは2本のネジでトッププレートに取り付けられる。 SHAPEのプッシュボタンテクノロジーを採用しているため、すばやく上下に傾けることがでる。またD-Tap出力ポートが1つある。カメラの電源をプレートから切るには、別のオプションのD-Tap-バレル電源ケーブルが必要になる。

Image credit: SHAPE

価格と発売時期

SHAPE Canon EOS C70ケージの価格は305ユーロ、トップハンドル付きのバージョンは510ユーロ、15mm LWベースプレートの価格は185ユーロ、Vマウント/ゴールドマウントピボットバッテリープレートの小売価格は277ユーロ、D-Tap電源ケーブルは27ユーロとなっている。

すべての商品は現在予約注文が可能で、4月下旬に発送開始の予定。詳細については、SHAPEのウェブサイトを参照いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する