活火山での結婚式の撮影 -Martin Kacvinsky氏へのインタビュー

アイスランドの活火山ファグラダルスフィヤルは、今人気のある場所だ。 Martin Kacvinsky氏(Kaco Films)は最近、ブラックマジックポケットシネマカメラ( BMPCC)6KProとDJI Mavic 2Proで結婚式を撮影した。今回これについてKacvinsky氏にインタビューを行った。

Martin Kacvinsky氏はチェコ共和国を拠点とする映像クリエーターで、結婚式のシネマトグラフィーを専門としている。なお2021年1月にも、オンラインでのウェディングシネマトグラフィーマスタークラスについて話を伺っている

氏は最近アイスランドの活火山ファグラダルスフィヤルを訪れ、その近くで結婚式を撮影した(別記事はこちら)。以下、インタビューの内容。

CineD:活火山で結婚式のビデオを撮影するというアイデアはどこから来たのですか?

Kacvinsky氏:アイスランドに活火山があるのを知って、それを撮影したいと思いました。当時は他の仕事がほとんどなかったので、その間に旅行の計画を立てました。最近は旅行するのは簡単ではありませんが、当時はうまくいきました。

現在、アイスランドは到着する人々に対して非常に厳しい方針を持っています。到着までに有効な陰性PCR検査証明に加え、誰もがレイキャビクの検疫で最初の5日間を過ごす必要があり、2回目の陰性PCR検査の後、自由に活動することができます。

火山を撮りたかったのですが、何かと関連付けて物語を作るのが一番いいと思いました。私は過去数年間にアイスランドでいくつかの結婚式を撮影したので、出発前に同じ地元の結婚式代理店であるピンクアイスランドに連絡して、ファグラダルスフィヤルでの「プロジェクト」があるかどうかを確認しました。

Hiking to the Fagradalsfjall volcano. Image Credit: Styrmir-Heiddis.com

幸いなことに、昨年結婚式をあげることになっていたカップルがいましたが、パンデミックのために延期されていました。すべてがぎりぎりでしたが、結局、うまくいきました。カップルはそのアイデアを気に入り、代理店は結婚式の司式者と一緒に数日で段取りを決めました。

CineD:撮影機材は何ですか?またそれを選んだ理由は何ですか?

Kacvinsky氏:これはまたとない機会でした。そのため、 BMPCC 6K Pro(レビューはこちら)を使用して、可能な限り最高品質の映像で撮ることにしまし、BRAWベースのワークフローで撮ることにしました。レンズはシグマ18-35mmf /1.8とタムロン150-600mmの2本のみです。

エリアの正確な状況がわからなかったので、溶岩に近づけない場合に備えて、長いレンズも持って行きました。でも結局はとても近づけたので、シグマのレンズで撮りました。このような状況(風、ほこり、煙、寒さ、雪)ではセンサーに粒子が付着する危険性が非常に高いため、レンズの交換は避けたかったのです。もちろん、DJI Mavic 2 Proも持っていきました。これは、今でも私のお気に入りの折りたたみ式ドローンです。

Filming by the volcano. Image Credit: Styrmir-Heiddis.com

CineD:どのように撮影しましたか?

Kacvinsky氏:移動中の気温は約-6°Cでしたが、非常に強い風(最大25m / s)で-20°Cのように感じました。途中で水筒がすっかり凍ってしまいました。撮影地点は溶岩のおかげで暖かく、とても快適でした。

機器はうまく機能しましたが、もちろん、バッテリーはそれほど長く持ちませんでした。また、ドローンのバッテリーパックを体の近くに持って温める必要がありました。 BMPCC6K Proはうまく機能しました。私は、NP-Fバッテリー(バッテリーグリップなし)のみで電力を供給しました。

Filming by the volcano. Image Credit: Kaco Films

私の経験から、 BMPCC 6KProのDRは BMPCC 4Kよりも高くなっています。新しいGen5 BRAWカラーサイエンスも気に入っています。接続されたSSDに6K50Q3品質で結婚式を撮影しました。グリップが大きいため、手持ち撮影にも非常に快適です。手振れ補正のないレンズで撮影していたので、ストレッチカメラストラップを使用して映像が安定するようにしました。

それでも、ポストプロダクションでDaVinci Resolve17の安定化機能を使用する必要がありました。 BMPCC 6K Proの大型ディスプレイは明るく明瞭で、モニタリングに非常に適していました。

Filming by the volcano. Image Credit: Kaco Films

溶岩からのガスが出ているため、風が強くないと危険です。空気が滞留していると避難しなければなりません。結婚式当日は非常に風が強かったため、ドローンショットには向いていませんでした。ですのでドローンを紛失するかもしれないという覚悟が必要でした。当初、ドローンが墜落した場合に備えて、メモリーカードを頻繁に交換しました。

その後、火山に近づけ、何かが起こった場合に備えて、スマートフォンで記録された低解像度ファイルを使用することにしました。結局、Mavic 2Proの着陸センサー、下部のLEDライト、そしてメモリーカードカバーをわずかに溶かしただけでした。

Filming by the volcano. Image Credit: Kaco Films

CineD:このプロジェクトの最大の課題は何でしたか?

Kacvinsky氏:まず第一に、アイスランドに行くこと自体が挑戦でした。また、到着時に5日間の検疫をする必要がありました。火山へのハイキングもかなりの挑戦です。最寄りの駐車場から起伏の多い地形を約2〜3時間歩きます。重いバックパックにも苦労しました。

Hiking to the volcano. Image Credit: Styrmir-Heiddis.com

もう一つの大きな課題は天気でした。アイスランドでは、急速に変化する天気に注意が必要です。寒く、風は絶えず変化します。結婚式の2日前にその場所をロケハンしていたとき、突然風が吹いて、避難を余儀なくされました。結婚式が予定された日もどうなるか分かりません。

CineD:火山での撮影に必要な特別な装備はありましたか?

Kacvinsky氏:私たちは保護マスクと眼鏡を持ってきました。いくつかのBロールショットのために溶岩に近づかなければならなかったので、それは必需品です。

またマスクは溶岩ガスから身を守ります。もう一つは装備です。ハイキングルートには氷の部分があるためアイゼンを備えた良い靴と防寒着が必要です。

Filming by the volcano. Image Credit: Kaco Films

CineD:特別な環境で撮影するとき、心に留めておくべきことは何ですか?

Kacvinsky氏:天候や地震活動の変化により、撮影地点は常に閉鎖される可能性があります。そうなるとアイスランドへ行ったこと自体が無意味になります。雨、寒さ、雪、風など、分単位で急速に変化する極端な天候にも備える必要があります。多くの人がそこでドローンを飛ばし、失っていますので、その覚悟も必要です。

火山のそばでは、他のドローンに衝突しないように注意する必要もあります。他のドローンにぶつからないように、ドローンを常に監視しなければなりませんでした。 FPVドローンも数台いましたので心配でしたが、幸運にもうまくいきました。結婚式当日は夕方まで滞在でき、コンディションも良かったです。

Flying over the volcano. Image Credit: Kaco Films

Kaco FilmsでKacvinsky氏のマスタークラスの1つを予約すると、コード「CINED」を使用して45%の割引を受けられます。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience