ドローンで火山を撮る

ドローンで火山を撮る

スイスの野生生物写真家であり、映像クリエーターでもあるStefan Forsterは、火山の噴火を撮影するためにアイスランドに赴いた。噴火する火山の上をドローンで飛行して撮影したが、ドローンが溶けてしまった。

CineDでは、ドローンの使用に関するニュースやストーリーについてレポートしているが、これは、信じられないほどのFPVドローンショットだ。ドローンを犠牲にして撮れたショットだが、ドローンなればこそ撮れたショットでもある。

まずは以下に映像を観ていただきたい。

Shooting a volcano can melt your drone

1:10のトップビューショットでわかるように、DJI Mavic 2Proを限界まで近づけている。Stefan氏は3台のドローンをアイスランドに持ち込んだが、トップビューショットを撮影したドローンは無傷で戻ることはできなかった。

Image credit: Stefan Forster

上の画像でわかるように、700〜1200°Cの溶岩は大量の熱を発生させ、Mavic 2Proドローンのプラスチックの外筐は部分的に溶けている。

Stefan Forster氏によれば、ドローンは内部で映像を記録できるが、墜落する可能性を考え、スマートフォンでスクリーン記録することも行った。幸い、DJI Mavic 2 Proは墜落せず、すべての4K映像を回収できた。

Image credit: Stefan Forster

残念ながらこのドローンはもはや飛行できなくなったが、この場合、DJICareの保証が適用されるかどうかは非常に疑わしい。

Credit: DPReview and Stefan Forster.

What do you think about this volcano eruption video? What’s the most dangerous situation/subject you ever captured with your drone? Don’t hesitate to share your stories in the comments below!

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する