ソニーが「Airpeak」ドローンを正式発表

ソニーが「Airpeak」ドローンを正式発表

ソニーはCES2021で同社独自の「Airpeak」ドローンを正式に発表した。Airpeakシリーズの最初のモデルはソニーαシリーズのフルフレームカメラなどのミラーレスカメラを搭載できる。

現在ドローン市場はDJIが支配している。2020年11月に、ソニーはYouTubeで新しいドローンプロジェクトを発表していたが、今回CES2021で公式に発表し、詳細を明らかにした。

ソニーAirpeakドローン

ソニーはこのドローンを「αカメラを搭載できる世界最小のドローン」として打ち出した。従って、ドローンはそれほど小さくはない。少なくとも、DJIのMavicと競争する小ささではない。それはむしろDJI MatriceまたはFREEFLY Altaドローンに似ている。ソニーのドローンに関する技術情報はまだほとんどないので、公開されたビデオから分かることを見てみよう。

Airpeakは一般的なクワッドコプターで、4つのアームがあり、それぞれに1つのモーターと1つのプロペラが付いている。本体にはかなり大きなバッテリーが2個と、四方にセンサーがいくつかあるようだ。また、ドローン自体にもジンバル搭載の小さなカメラがあるようだ。

Airpeak Drone Batteries. Source: Sony

ドローンのメインカメラは、更に大きな3軸ジンバルに取り付けられており、αカメラなどのミラーレスカメラを搭載できる。重量とサイズの制限内であれば、他のブランドのカメラも搭載できるだろう。ただし、ソニーは、αカメラ専用のリモートフルカメラコントロールを提供しているが、詳しい仕様は不明だ。

Airpeak Drone. Source: Sony

ソニーはこのドローンだけではなく、新しい製品ラインのブランドとして「Airpeak」を使用することを計画している。ソニーはエアピークプロジェクトの第一段階として、2021年春にプロに向けた写真とビデオ制作用に新しいビジネスを立ち上げる。

ソニーは、VISION-Sロードテスト中にオーストリアでAirpeakドローンをテストした。ドローンには、同社のα7SIIIフルフレームミラーレスカメラが搭載されていた。このカメラは非常に有能なオートフォーカスとローライト機能を備えているため、この組み合わせは理にかなっている。

Airpeak Drone Remote Control. Source: Sony

プロのコラボレーターが参画

ソニーは、米国と日本でプロのドローンユーザー(現在、プロのドローンを使用してコンテンツを作成したり、顧客にサービスを提供したりしている)が、Airpeakプロジェクトに参加することを発表した。興味があれば、ここからサインアップできる。

Airpeak Drone. Source: Sony

このプロジェクトに参画すると、ソニーが主催するイベントやその他の活動に関する最新情報を受け取ることや、開発中の製品とコラボレーションする機会がある。

Airpeak Drone. Source: Sony

価格と発売時期

Airpeakドローンの価格と発売時期に関する情報はまだ無い。今後進展があれば改めてレポートしたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する