ソニーが16-35mm F/2.8GMと12-24mm F/4 Gを発表

ソニーが16-35mm F/2.8GMと12-24mm F/4 Gを発表

ソニーは16-35mm F/2.8 GMと12-24mm F/4 Gを発表した。フルフレームEマウントで、同社のレンズラインアップに追加される。小型軽量のフルフレームレンズで、携帯性に優れ、ジンバルでの使用にも適している。

Sony 16-35mm F/2.8 GM

16-35mm F/2.8 GM

広角のGマスターレンズの発売は各方面から待たれていた。 16-35mm F/2.8 GMは、非球面(XA)レンズを採用し、高い解像度を確保しつつ画像歪みを最小限に抑えており、ズーム範囲全体にわたってシャープな映像を約束している。また、ナノARコーティングにより、広角撮影では発生しやすいフレアやゴーストの低減に貢献している。

安価な広角レンズでは浅い被写界深度や鮮明さに欠けることがあるが、この新しいレンズでは、11枚の絞り羽根により、28cmの最短合焦距離で撮影しても丸ボケが美しい。

2つのダイレクトドライブSSMシステムは、フローティングフォーカス構造により高速で正確、かつ静かなオートフォーカスを実現しており、フォトとビデオ両方の撮影に対応している。

重さはわずか680gで、これはキヤノンの同等のレンズに比べて軽量だが、価格はより高価だ。FE 16-35mm F/2.8 GMは約2,200ドルで、8月に出荷の予定。

FE 12-24mm F/4 G

ソニーはまた、フルフレームEマウントカメラ用の超広角FE 12-24mm F/4 Gレンズを発表した。重さは566gと軽量で、ジンバル撮影には最適だろう。

1枚のスーパーEDレンズと3枚のEDレンズを使用し、歪や色収差を低減している。また、フレアやゴーストを低減するため、ナノARコーティングも施されている。

レンズには、DDSSM(Direct Drive Super Sonic Motor)が搭載されており、高速で正確なオートフォーカスを実現している。

Sony FE 12-24mm F/4 Gレンズは、7月に出荷予定で、価格は1,700ドルと発表されている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する