TEKE DMXチューブライト

TEKE DMXチューブライト

最近はアプリで操作できるライトが流行している。 TEKEもチューブライトのキャンペーンをKickstarterで開始した。

TEKEについて

TEKEの創設者は、自分たちの作品のアニメーションライトを作成することから始め、クライアントやアーティストから好評のフィードバックを得た。そのため、彼らは販売を前提に製品を開発することを決定した。TEKEDMXチューブライトはこうして生まれた。現在、キックスターターキャンペーンが実施されている。

TEKE DMXチューブライトとは

TEKE DMXチューブライトには、長さが20インチ(約51cm)のTEKEと50インチ(約101cm)のTEKEPROの2種類がある。さまざまなアクセサリーも用意されている。

TEKE DMX Tube Lights fact sheet. Image Credit: TEKE
TEKE LED tube light fact sheet. Image Credit: TEKE

TEKEとTEKEProの最大出力は、それぞれ700lmと1400lm。フルスペクトルRGBWLEDチューブの色温度は、2700°Kから6500°Kまで調整でき、ほとんどの状況をカバーできる。演色性はCRI90 +で、問題ないが、特別なことではない。

チューブにはバッテリーが内蔵されており、メーカーによれば、100%の明るさで4時間持続する。残念ながら、電池は交換できないが、使用中にライトを充電することはできる。

TEKE DMX Tube Lights App. Image Credit: TEKE
TEKE DMX Tube LightsTEKE App. Image Credit: TEKE

アプリによるコントロール

ライトはスマートフォンアプリを介して制御できる。

このアプリを使用すると、複数のTEKEライトを制御することができる。

アプリのTEKEライブラリを使用すると、照明スタイルやアニメーション効果(点滅する光、火、稲妻、パトカー警告灯、交通信号、テレビのノイズなど)を作ることができる。

TEKEはまた、「サウンドリアクティブ照明」を謳っている。これは、制御するスマートフォンのマイクに入る音に光が反応することと考えられる。ステージパフォーマンスやミュージックビデオ用には適しているだろう。

スマートフォンアプリも、画像や動画の色をサンプリングすることで、カラーパレットを作成できるようだ。

TEKE App for creating color schemes. Image Credit: TEKE
TEKE App for creating color schemes. Image Credit: TEKE

考察

最近のLEDチューブ製品は非常に多才になっており、実用上の利点も大きい。

  • 小型軽量
  • 色の調整が可能
  • バッテリーで長時間動作
  • 見た目の良さ
  • 狭いスペースでも使用できる
TEKE Light. Image Credit: TEKE
TEKE Light. Image Credit: TEKE

TEKE DMXチューブライトのような照明は、セットアップを楽にしたり、創造的な使い方ができる。

なお、クラウドファンディングプラットフォームでプロジェクトを支援する場合は、リスクに注意いただきたい。クラウドファンディングプラットフォームの利用規約を読み、製品の出荷が大幅に遅れたり、製品化が中止になる場合もある。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する