Tenba Skylineシリーズ - 超軽量カメラバッグ

Tenba Skylineシリーズ - 超軽量カメラバッグ

TENBAは日本でも有名な超軽量カメラバッグのメーカーだが、同社からSkylineシリーズが新たに発売された。平均的なバッグよりもかなり軽量で用途に応じたサイズをラインアップしている。

Tenbaはカメラバッグでは世界的に有名なメーカーで、ショルダーバッグだけでも多くのラインアップを揃えている。プレミアムレザーオプションからモジュラーレザーオプションにいたるまで、いずれも軽量なのが特長。

サイズは7、8、10、12、13の5種類がある。色は、グレートブラックの2色から選択できる。

軽いのが特長のTenbaのバッグだが、具体的な数字が特にあるわけではない。しかし、他のメーカーの同じサイズのバッグを比べてみると、かなり軽量なのが体感できる。

例えば、13インチのバッグの平均が2.6ポンド(約1.18Kg)なのに対し。Tenba Skyline 13は0.88ポンド(約400グラム)だった。これはかなり衝撃的な数字だが、Tenbaは、メッシュサイドやインサイドポケットなどを軽量化することで、これを実現している。

超軽量であるうえ、バッグは非常に見栄えも良い。私はTenbaのBYOB 13を使っているが、大変満足している。Skylineもこれらをベースにしているように見える。

Tenba Skyline 7はラインアップの中で最も小型のもので、1台の小型カメラボディと1~2本のレンズを収納するのに適している。仕切りやメッシュポケットも付いている。なお、Tenba スカイライン 10にはフロントポケットも用意されている。

 

最も大きいSkyline 13では、1~2台のカメラと4~5本のレンズが収納できる。内側のフラップに2つのメッシュポケットがあり、厚さの薄いアクセサリーを収納しておける。

Tenba Skylineは軽量なので旅行などには最適だ。機材が多いと荷物も大きく重くなってしまうが、少なくともバッグに関しては、最良の選択肢の一つだろう。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する