広告

TeradekがBolt 6 シリーズを発表 – 6GHz ゼロディレイ・ワイヤレスビデオシステム

Teradekは、ワイヤレスビデオトランスミッターとレシーバーの新しいラインアップ、Teradek Bolt 6を発表した。その名が示すように、Bolt 6シリーズは新たに利用可能になった6GHzの周波数帯で送受信する。ただし、Bolt 6ユニットは、業界標準の5GHz帯を使用するBolt 4Kユニットと通信することができる。

Teradekはワイヤレスビデオシステムについて、世界中のほとんどの映画撮影現場で業界標準となっている。実際、同社はTeradek Bolt 4Kシリーズを含むゼロディレイシステムを何年も製造しています。

IBC2022では、新しい6GHz周波数帯を使用した送信機、受信機、モニターの新シリーズ、Teradek Bolt 6を発表したばかりだ。

Image credit: Teradek

6GHz帯のワイヤレスビデオ帯域

Teradek Bolt 6は、新しいU-NII 5帯域(通称6GHz)を使用する最初のワイヤレスビデオシステム。この新しい帯域幅は5GHz帯域幅と下位互換性があるため、Bolt 6の送信機/受信機は5GHz帯域を使用する他のTeradek Bolt 4Kユニットと通信することができる。

新しい6GHz帯域幅の主な利点は、5.925GHzから6.425GHzまでの12の新しいチャンネルを開き、クリアな無線周波数環境にアクセスできるようになること。つまり、混雑した場所での干渉が減り、より多くの無線リンクが1つのエリアに共存できるようになる。

Image credit: CineD

Bolt 6 LT、Bolt 6 XT、およびBolt 6モニターモジュール

Bolt 6ファミリーは再設計され、Bolt 4Kに比べ、小型、軽量、低温、最大50%の静音性を実現している。Teradek Bolt 6 シリーズは、いくつかの異なるモデルで構成されている。

  • Bolt 6 LT HDMI」です。その名の通り、HDMIのみのユニットで、最大到達距離は750ft/150m。
  • Bolt 6 LTは、HDMIとSDIの入出力ポートを搭載している。SDIの最大解像度は1080p60で、HDMI端子を使用する場合は4K UHDの30pとなる。
  • 最上位のBolt 6 XTは、SDIとHDMIの最大解像度が4K DCIで60p。
  • Bolt 4Kと同様にSmallHD Smart 7 Seriesモニターにシームレスに統合できるモニターモジュール。
Image credit: CineD

また、Bolt 6 LTとXTの複数のバージョンが用意されており、伝送範囲は最大5000フィート以上。前述の通り、Bolt 6はBolt 4Kユニットに接続でき、1台のBolt 6トランスミッターは最大6台のレシーバーに接続できる。

さらに、Bolt 6はRec.2020色空間での10ビット4:2:2色出力など、妥協のない色正確な4K HDRの鮮明さを提供する。最後に、Bolt 6 LT HDMIとBolt 6 XT(Bolt 6 LTではオプション)は、SmallHDワイヤレスカメラコントロールと互換性のあるコントロールポートを備えている。

価格と発売時期

Bolt 6 LT HDMIキットは1.990ドルから、Bolt 6 LTキットは3.290ドルから、Bolt 6 XTキットは6.490ドルからとなる。また、この新しい6GHzシステムへの機器のアップグレードを行う場合は、トランスミッター、レシーバー、モニターモジュールを別々に購入することができる。すべての製品は、2022年10月末に出荷を開始する予定。

詳細については、こちらのTeradekのウェブサイトをご覧いただきたい。

フジヤカメラのTERADEK製品一覧はこちら

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手