広告

TeradekにServ 4Kについてインタビュー - 4K対応ワイヤレスビデオ送受信機

NAB 2022で、Teradekの最新のクラウドベースデバイスTeradek Serv 4Kについてインタビューした。この新製品は、カメラからの映像をクラウド経由で撮影現場のスマートデバイスや遠隔地のチームメンバーに同時にライブストリーミングする、ハードウェアとソフトウェアのハイブリッドソリューションだ。

NAB Show 2022が終了しまが、今回のキーワードは間違いなく「クラウド」だったと言えるだろう。Atomosは、初のネットワーク接続デバイスCloud Studioを、また、ブラックマジックデザインはBlackmagic CloudとCloud Storeを発表した。

更にTeradekも新製品Teradek Serv 4Kを発表した。これは、カメラのビデオフィードをローカルおよびリモートの共同作業者に配信することができるコンパクトなデバイスだ。NABの最終日、私たちはCreative Solutionsのブースで、Teradekにインタビューした。

リアルタイム4K HDRモニタリング

新しいTeradek Serv 4Kは、制作のすべてのメンバーがどこにいても、高品質で色精度の高い画像をモニターできるオールインワンソリューションだ。

Teradek Serv 4K. Image credit: CineD

一言で言えば、このデバイスはSDI/HDMI信号を取り込み、最大45Mpbsのデータレートで、DCI-P3およびPQ2084規格に対応したH.264/H.265 4:2:2 10ビットバージョンの映像(最大4K60)を作成する。

これらのコピーはSDカードに安全に保存され、インターネットネットワークが利用可能であれば、同時にクラウドベースのプラットフォームにアップロードされ、瞬時にモニタリングとレビューが可能となる。また、256ビットのエンドツーエンド暗号化によりデータの安全性を保証しています。

Serv 4K. Image credit: CineD

Teradek VuerとTeradek Core

新しいTeradek Serv 4Kのエコシステムは、主にTeradek VUERとTeradek Coreの2つのソフトウェアを中心に展開されている。前者はiOSやAndroid端末向けのモバイルアプリで、後者はクラウドベースのプラットフォームだ。

スマートフォン/タブレット用アプリは、撮影現場での直感的なモニタリングに役立つ。Serv 4Kに直接接続し、インターネットサービスを必要としない。フォールスカラーやピーキングなど、一般的なモニタリングツールがすべて搭載されている。

Teradek VUER app with Serv 4K. Image credit: CineD

一方、Teradek Coreプラットフォームは、リアルタイムで画像をモニターする必要があるリモートクライアントまたはプロデューサーに適している。このツールは、一連のメッセージングサービスを介したチームメンバー間のコミュニケーションを簡素化することに、より重点を置いている。

frame.ioとの統合

Teradekは、独自のアプリ/プラットフォームとともに、frame.ioと提携し、制作と編集の間のアイドルタイムを削減することに成功した。リモートエディターは、選択したNLE内のframe.ioエクステンションにH.264/H.265の高品質な「プロキシ」が即座に入力される。

そのため、その場で編集を開始し、カメラからメディアがオフロードされた時点で元の映像に再リンクすることができる。高画質コピーと低画質コピーが同じファイル名とタイムコードを共有しているため、再リンクは簡単に行える。

Serv 4K. Image credit: CineD

価格と発売時期

Teradek Serv 4Kは、2,799ドルで現在予約でき、来月から出荷を開始する。Teradek Coreプラットフォームはサブスクリプションベースのサービスであり、コストは帯域幅のニーズに応じて変化する。価格情報はこちらで確認できる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects