映像制作の安全な再開

2020.6.7
映像制作の安全な再開

ここ数か月、テレビや映画、オンデマンドのコンテンツの撮影ができない状況にあった。業界では再開に向けて動き出しているが、放送局と業界のガイダンスは、これに対し安全に行う方法と時期を明らかにし始めている。

Crews working closely will be a distant memory.

安全な再開

仕事が再開できる時期やその方法について、業界団体からガイダンスが出始めている。ただし、徐々にだ。現在の焦点は大規模な制作だが、ガイダンスは誰もがフォローできるようになっている。

そうは言っても、個々の課題は残っている。イベントは、コロナウイルスの影響を強く受けており、カンファレンス、トレードショー、舞台などは大きな影響が出ている。これらはすべて、多くの業界関係者の定番の仕事だ。

新しい仕事のやり方

制限があるが、コンテンツ作成者はZoomやSkypeのようなプラットフォームを使い、ライブブロードキャストやポストプロダクション活用している。これはニュース、パネルショー、さらにはADRでも見られる。俳優のMark Ruffalo(The Incredible Hulk)は、映像の再生、オーディオ録音、スクリプトを実行するパソコンを使いで彼の個人用吹き替えスイートを、AirBnBの部屋で実行した。

Behind the scenes of ITV Studios’ ‘Lockdown Stories’

制作の再開(英国)

たとえば、英国の放送局、労働組合、業界団体は、すべての安全対策を守りながら制作を再開する方法に関するガイダンスを発行した。リスクと安全衛生の観点から次の6つを考慮する必要がある。

  • 特に危害のリスクが高い人々を考慮する。
  • 職場のすべての人のための予防策を強化する。
  • 関与する人々の数を減らす。
  • 編集上の「オンカメラ」の要件を検討する。
  • メンタルヘルスとウェルビーイングを検討する。
  • フィードバックループ。

これらは特に業界に限ったことではない。確かなことは、制作現場ではソーシャルディスタンスを守ることだ。すべての機器は消毒すべきで、ビデオビレッジやオフロードは離れて行い、ハードドライブやメディアの不必要な受け渡しも避けるべきだ。共同リモート作業ができるFrame.ioなどのアプリケーションも有用だ。

制作に伴うリスクを減らすためには:

  • 作業:タレントとクルーが制作に必要があると思われる活動を考慮し、それらが適応または変更できるかどうか。
  • 機器:使用するすべての機器(カメラ、オーディオ、ヘッドセット、編集スイートなど)のタッチポイントの衛生状態を管理および対処する必要がある。
  • 移動:可能な限り移動を最小限に抑え、ソーシャルディスタンスのガイドラインに従う。
  • 作業パターン:小規模なグループ(コホート/スタッフ)は、1つの大規模な制作ではなく、ユニットとしてリモートで作業する。クルーはシフトやローテーションを行う。
  • 救急および緊急サービス:救急機関は、Covid-19のため通常の医療が制限されている。
  • 場所:主要な衛生施設の提供とともに、ソーシャルディスタンスの要件を考慮して、スペースの物理的なキャパシティを検討する。
  • 休憩エリア:休憩室、食堂、休憩エリアは、ソーシャルディスタンス、衛生設備、割り当てられた休憩時間を厳守する。

設定されたガイドラインは、すべてのプロダクションに役立つだろう。誰もが安全に仕事に戻ることができるようにするため、衛生設備の維持、社会的距離のガイドライン内の維持、グリーンスクリーンとリモート編集の使用などが考えられる。

誰もが自分の安全に責任を持つ必要がある。ただし、独立系のビデオカメラマンや小規模な制作会社の場合は、上記のガイダンスを考慮し、詳細に説明する必要がある。テレビや映画の場合は、健康と安全は雇用主が明確に管理し、実施する必要がある。

英国映画撮影家協会(BSC)は、この声明で失業と全体的な責任に関する詳細をさらに詳しく説明している。

  • 感染したクルーは、完全に回復するまで、または仕事に戻ることができるまで、全額支給される。
  • 新しい労働慣行に対応するために構造上およびロジスティック上の変更を行う場合は、部門長の判断を尊重する。
  • オンセット医療は独立している必要があり、検査は最新の科学に従う必要がある。
  • クルーの健康と安全に対する最終的な責任は雇用主にある。

このガイダンスは英国の機関から出されたものだが、各国で、クルーや関係者に対しても、それぞれのリスクと安全性のレベルに応じた独自のガイドラインを定めることが想定される。ドキュメント全体はこちら

The events industry is hard hit by coronavirus, and will take a long time to recover.

イベント業界は新型コロナウイルスの影響を強く受けており、回復には長い時間がかかるだろう。

大規模なイベントに関しては、IBC2020(9月に開催予定)は物理的な形で開催されないことが発表された。 cinema5Dでは、バーチャルショーでニュースをお届けする予定だ。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する