Think Tankがカメラバックパックを発表

Think Tankがカメラバックパックを発表

Think Tankは、フォトグラファーやビデオグラファー向けの新しいバックパック、Think Tank Retrospective 15 Backpackを発表した。クラシックスタイルのカメラバックパックは、内部に高価なカメラが入っていることを意識させないデザインとなっている。

主な特徴(外部)

外観デザインはシンプルだが、単純ではない。素材はポリウレタンコーティングと耐久撥水性(DWR)コーティングが施されたコットンで作られている。レインカバーも付いているので耐水性もある。また、すべてのジッパーはYKK®RCヒューズ(耐摩耗性)を採用しており、高い耐久性を持っている。

重量は1.8kg、大きさは30 x 40.5 x 18 cmで、機内持ち込みもできる。

ThinkTankRetrospective15Backpack_06

Image credit: Think Tank

バッグの側面には、Think Tank Modularポーチと互換性のあるストラップがある。また、両側に水筒ポーチが用意されている。

ThinkTankRetrospective15Backpack_05

Image credit: Think Tank

小型三脚をバッグの側面に取り付けて持ち運ぶことができる。三脚の脚を水筒ポーチの内側に入れるか、あるいは2本のストラップでバッグの前面に取り付けることができる。

ThinkTankRetrospective15Backpack_08

Image credit: Think Tank

Think Tank Retrospective 15バックパックの背面には、快適性を高めるためのパッドが付いている。また、胸とウエストにストラップが装備されている。ウエストストラップは不要な場合は取り外すことができる。

ThinkTankRetrospective15Backpack_01

There are two ways to access the interior of the bag. Image credit: Think Tank

バックパックの内部へのアクセスは、トップパネルを開く方法とリアパネルを開く方法がある。

ThinkTankRetrospective15Backpack_02

Image credit: Think Tank

主な特徴(内部)

その名の通り、Retrospective 15は15Lの容量があり、さらにフロントポケットには5Lの容量の小物収納部が用意されている。内部は気泡フォームでできており、ポリエステル製の仕切りが用いられている。

ThinkTankRetrospective15Backpack_03

You can use the front pocket to store your passport, books, pens and so on. Image credit: Think Tank

内部寸法は29 x 35 x 14 cm。同社は以下のカメラとアクセサリーを収納するのに十分なスペースと述べている。

  • 50-140mm F / 2.8、35mm F / 1.4、14mm F / 2.8、60mm F / 2.4、23mm F / 1.4、56mm F / 1.2、16mm F / 1.4、およびフラッシュを取り付けた富士フイルム X–T3
  • 70-200mm F / 2.8、16-35mm F / 4、24〜70mm F / 2.8、およびフラッシュを備えたソニーα7RIII

また、最大15インチのノートパソコン専用ポケットがある。

ThinkTankRetrospective15Backpack_04

The dedicated laptop pouch. Image credit: Think Tank

価格と発売時期

Think Tank Retrospective 15バックパックは、パインストーンまたはブラックの2色が選択できる。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

thinkTANK エアポート・インターナショナルV3.0

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する